フォトギャラリー【画像】これで節約上手に!無印良品の「その次があるバスタオル」
  • 無印良品の「その次があるバスタオル」
  • 無印良品の「その次があるバスタオル」
  • 無印良品の「その次があるバスタオル」
  • 無印良品の「その次があるバスタオル」
  • 無印良品の「その次があるバスタオル」

少しでも節約したい日用品や消耗品。特にお掃除アイテムとして便利な雑巾は、不要になったタオルを再利用することが多いのではないでしょうか。

しかし、普通のタオルの場合、使い古した後だと糸がほつれてしまっていたり、摩擦で薄くなっていて雑巾として扱いにくかったりしていることがあると思います。

そこでおすすめなのが無印良品の「その次があるバスタオル」です。その名の通り、バスタオルとして使用したその次を想定して作られたタオルなのですが、一体どのような商品なのでしょうか?

今回は、実際に購入した「その次があるバスタオル」を使用して、使い方や特徴についてご紹介します。節約アイテムが気になる方は、ぜひチェックしてください!

「その次があるバスタオル」とは?

無印良品の「綿パイルその次があるバスタオル・厚手(税込2,490円)」。厚手タイプは70cm×140cmとかなり大きく、サイズ的にボリュームがあります。

では、この「綿パイルその次があるバスタオル・厚手」の細かい魅力や特徴を一つずつご紹介します。

オーガニックコットン使用で肌触りが良い

まず、持った瞬間に分かる肌触りの良さが魅力です。

バスタオルのボリューム感も合わせて、とてもふわふわとした触り心地で気持ちが良いですよ。素材はオーガニックコットンを100%使用しているので、バスタオルとして使用する際も、肌を優しく拭き取ってくれます。

カットすれば何度でも使える!

「その次がある」という商品名の通り、バスタオルとして使い古した後に別の用途で使用できることが「綿パイルその次があるバスタオル」の大きな魅力です。

タオルをよく見るとカット線があります。このカット線に合わせて切断することで、バスタオルとして使い古した後、コンパクトサイズの雑巾として使用できるようになっているのです。

通常のタオルと違うのは切り取り線があることだけではありません。繊維が長いために何度洗濯を繰り返してもほつれにくく丈夫な作りとなっているのです。

薄手・中厚サイズも

また「綿パイルその次があるバスタオル」には、厚手タイプの他に薄手・中厚手タイプがあります。薄手タイプは携帯用に便利で乾きやすさが特徴、中厚手タイプは普段使いしやすい厚さで吸水量が多いことが特徴です。

また、それぞれのタイプにオフ白・生成・ライトグレー・ネイビー・ダークブラウン・グリーンの6色のカラーがあります。好みやインテリアに合わせて好きな色を選べるのが嬉しいですね。

値段は薄手タイプが税込1,290円、中厚手タイプが税込1,990円になります。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます