今年はお正月が明けて、いよいよ暖かくなり、運動を始めるぞ! というタイミングで新型コロナ感染症が蔓延。ステイホームで運動不足になってしまった人も多いのでは?

年始の正月太りを秋まで残した状態で、すぐ目の前に迫る年末年始がきたら……そう考えると恐ろしいですね。

お正月にたくさんご馳走を食べるためにも、なんとか秋の内に痩せておきたいもの。

と、いうことで、今回は食事を摂る前に飲むと痩せるという、「特製野菜ジュース」を調査しました。 

健康検定協会の理事、そして管理栄養士である望月理恵子さんのおすすめするダイエット法だそう。

独自のダイエット法で痩せるよりも、健康に痩せられるのでは?と思い、望月理恵子さんの著書、『ダイエットの新提案 食べる前に飲む特製野菜ジュース(アスコム)』を参考に3週間ダイエットにチャレンジしてみました。

フォトギャラリー【実践レポ】3週間の「特製野菜ジュースダイエット」フォトギャラリー
  • 「ベジファーストパウダー」の材料
  • 重層を入れる
  • 量は10回分
  • おからパウダーと重曹をよく混ぜる
  • 湿気ると混ざりにくくなるので乾燥剤はマスト

ダイエットの新提案! 食べる前に飲むだけの「野菜ジュース」とは?

野菜ジュースダイエットを始める前に、まず「べジファーストパウダー」を作ります。このベジファーストパウダーが、野菜ジュースダイエットの肝となります。

ベジファーストパウダーを入れた野菜ジュースを飲むことで、食後の血糖値の急上昇を防ぎます。おからパウダーと重曹のおかげで、お腹が膨らみ暴食も防止できるそう。

ダイエットするには食べ過ぎないのが一番なのかもしれないですが、職業柄食べないのはムリなので、食事の前や間食の代わりに3週間飲み続けてみます。 

まずは「べジファーストパウダー」を作ろう!

「ベジファーストパウダー」の材料

【材料】

  • おからパウダー
  • 重曹
  • シリカゲル(乾燥剤)

【作り方】

  1. おからパウダーを大さじ10杯と重曹(食用) 小さじ2を蓋のできる容器の中に入れ、よく混ぜる。
  2. よく混ぜたら、 湿気を防ぐために容器の中にシリカゲルを入れる。

これだけでべジファーストパウダー(10日分)が完成! 

【ポイント】

ダイエット効果を上げるには、重曹を小さじ5杯にするとよいそうなのですが、飲み辛くなるのでご注意を。

ますは小さじ2杯からスタートして、徐々に増やしていってください。

さっそくべジファーストパウダーをジュースに混ぜてみよう

砂糖不使用の野菜ジュース

【材料】

  • 市販の野菜ジュース(砂糖不使用のもの)
  • ベジファーストパウダー

【作り方】

  1. 好きな野菜ジュースをグラスに注ぐ(満タンに入れないように注意)。
  2. べジファーストパウダーを大さじ1強入れて粉が固まらないようによく混ぜる。

【ポイント】

野菜ジュースは、100mlあたり、糖質12g以下、カロリー40kcal、食物繊維は1杯あたり1g以上のものがおすすめです。

酸っぱめのジュースの方が、発砲しやすく満腹感が得られやすいのだそう。まず初めは好きな野菜ジュースから始めるのが◎!

基本の「特製野菜ジュース」作りにチャレンジ!

市販のジュースでべジファーストパウダーに慣れたら、基本の「特製野菜ジュース」も作ってみましょう。

「特製野菜ジュース」の材料

 【材料】

  • りんご1/4
  • バナナ1/3
  • ほうれん草1
  • レモン1/3(10cc)
  • 100cc
  • べジファーストパウダー大さじ1強

【作り方】

  1. 材料を全部ひと口大にカットします。リンゴと人参はそのまま皮つきで、バナナは皮を剥いてカット。固いものは少し小さめに切っておきましょう。
  2. 切った材料と水をミキサーに入れて、スイッチオン!攪拌する時間はミキサーによって違いますが、ポタージュっぽい食感くらいになったらOK。
  3. 出来上がった野菜ジュースに、べジファーストパウダーを大さじ1強入れ、マドラーでよく混ぜます。

【ポイント】

ジューサーではなく、ミキサーの方が、繊維が残ることで満腹感を感じることができます。

ベジファーストパウダーはジュースに入れると膨らむので、グラスに移して飲む直前に混ぜましょう。大きめのグラスを使用するとこぼれることがありません。 

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます