塩野瑛久 撮影/友野雄塩野瑛久 撮影/友野雄

SNSでバズりまくりのメタBLコミック『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』がついにドラマ化。3月27日21時よりCSテレ朝チャンネル1にてオンエアされる。

主人公は、どこにでもいる平凡なモブキャラクター。しかし、彼が住んでいるのは、登場人物たちが必ずBLになってしまうBL漫画の世界だったーー。

すれ違うだけで恋におちる世界で、次々と立ちまくるBLフラグを必死に回避する主人公の奮闘をコミカルに描いた本作。完全実写化にあたり、2次元の世界に勝るとも劣らない超絶イケメンたちが名を連ねた。

そこで、放送に向けて出演者たちに独占インタビュー。バラが似合うイケメン・東條役を演じる塩野瑛久に話を聞いた。

フォトギャラリー【塩野瑛久】インタビュー&『#ドラマ絶対BL』主要キャストの写真をもっと見る
  • (左から)小南光司、伊藤あさひ、犬飼貴丈、ゆうたろう、塩野瑛久 撮影/友野雄
  • 塩野瑛久 撮影/友野雄
  • 塩野瑛久 撮影/友野雄
  • 塩野瑛久 撮影/友野雄
  • 塩野瑛久 撮影/友野雄

綾人に恋する東條をナチュラルに演じようと思った

塩野瑛久 撮影/友野雄塩野瑛久 撮影/友野雄

――塩野さん演じる東條は、ゆうたろうさん演じる綾人の恋の相手です。

そうなんです。わりとこの作品の中心的な役だと僕は解釈していて。作品自体がコメディなので、コメディに寄せて演じることもできたんですけど、東條に関してはちゃんと綾人と向き合ってお芝居をした方が作品そのものが良くなる気がしたんですね。だから、僕としてはすごくナチュラルに演じさせてもらいました。

――BLらしいキュンとするシーンにも期待が高まります。

実は撮影初日にあるシーンがありまして(笑)。もともと台本では抱きしめると書いていただけなんですけど。それを何を思ったのか、監督の三木(康一郎)さんが「これはこうするだろう」と。

――そのシーンの感想を聞かせてください!

めちゃくちゃ柔らかかったです(笑)。役者って難しい職業だなと改めて思いました。というのも、現場によりますけど、カメラがまわって、寸止めしようと思えばできたんですよ。でも、カットがかからなかったらいっちゃいますよね(笑)。

特にこの現場はそういう現場だったので、カットがかからない以上、最後までいくだろうということで、いかせていただきました。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます