キム・ジェヒョンキム・ジェヒョン 撮影:稲澤朝博
フォトギャラリー【キム・ジェヒョン】インタビューフォトをもっと見る
  • キム・ジェヒョン 撮影:稲澤朝博
  • キム・ジェヒョン 撮影:稲澤朝博
  • キム・ジェヒョン 撮影:稲澤朝博
  • キム・ジェヒョン 撮影:稲澤朝博
  • キム・ジェヒョン 撮影:稲澤朝博

1月17日からスタートした日本テレビ系日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』は、竹内涼真を主演に据えたゾンビサバイバルドラマ。

シーズン1が地上波ゴールデンタイムで放送され、シーズン2がHuluオリジナルとして配信されることが決まっている大型作品だ。

この話題作に、韓国人の引っ越し業者アルバイト、ユン・ミンジュン役で出演しているのが、キム・ジェヒョン。

主人公の響(竹内涼真)と共に“終末世界”をサバイブする重要な役を演じているが、実は彼はバンドマン。

韓国では音楽番組で1位にもなる人気を誇るN.Flyingのドラマーで、FTISLANDやCNBLUEといった日本でもおなじみの韓国バンドと同じ事務所の後輩でもある。

ミンジュン役が決まり、韓国から来日。長期の撮影に臨んでいる。

韓国のアーティストが日本のドラマに「僕もめっちゃ驚きました(笑)」

キム・ジェヒョンキム・ジェヒョン 撮影:稲澤朝博

── 今回、ジェヒョンさんが日本のドラマに出演すると聞いて、とても驚きました。約6カ月という長い期間、日本で撮影することに不安はなかったですか?

ジェヒョン 僕も、めっちゃ驚きました(笑)。韓国の俳優が日本のドラマに出るだけでも珍しいのに、僕は韓国のアーティストですから、なおさら。

ミンジュンというキャラクターを形作る重要な要素に“お姉ちゃん子”があるのですが、僕も“姉バカ”なので、それでキャスティングされたんじゃないかと……(笑)。

撮影現場は、すごく楽しいです。最初は不安も緊張も心配もあったけれど、撮影が始まったらそんな気持ちもなくなりました。

何より、韓国にいるN.Flyingのメンバーも僕の家族も、僕がしっかりこの仕事をやり遂げられると信じてくれているし、僕も彼らが僕の帰りを待っていてくれると信じていますから。

『君と世界が終わる日に』『君と世界が終わる日に』

── コロナによる入国制限で、「このままではジェヒョンさんが参加できない!」というピンチもあったそうですね。

ジェヒョン そうなんです! どうにかギリギリのタイミングで日本に来ることができて、2週間の自主隔離期間を経て、撮影に参加することができました。

出国できるか毎日ドキドキしていましたが、韓国でずっと忙しかったので、自主隔離期間中はけっこう幸せな時間でした(笑)。これも新しい経験だと思って過ごしていました。

── 外国語で書かれた台本から役を作っていくのは大変じゃないですか?

ジェヒョン 役作りに関しては、そんなに大変ではなかったです。ミンジュンと僕って、性格が真逆なんです。だから、僕がしないことをすればミンジュンになる……はず(笑)。

でも、台詞を覚えて芝居をするということに関しては、他の俳優さんたちよりも2倍も3倍も練習しないといけないという気持ちで臨んでいます。日本語の台本を翻訳してもらって、毎日、それを見ながら練習しています。

キム・ジェヒョンキム・ジェヒョン 撮影:稲澤朝博

── 「僕とミンジュンは真逆」ということですが、ミンジュンはジェヒョンさんから見てどういう人物ですか?

ジェヒョン 僕と一番違うのは、無口なところ(笑)。あとは、感情表現の仕方かな?

僕は何でも思っていることを口に出して言っちゃうし、顔に出ちゃうのですが、ミンジュンは、あまり感情が表情に出ない人なんです。でも心はとても優しいし、温かい。信じていることや人に対しては、自分の命も投げ出せる人なので、ストーリーが進んでいくと、見え方が変わっていくかもしれませんね。

僕はおしゃべりですけれど、家族やN.Flyingのメンバーと一緒にいるときは言葉にしなくても通じ合うから、あまりしゃべりません。無口でも、気持ちは伝わるものなんですよ。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます