バーグハンバーグバーグの裏側が見れる番組「バーグハンバーグバーグTV」! 第49回目の今回は、バーグハンバーグバーグの社員達が影響を受けたマンガのお話です。

株式会社バーグハンバーグの代表シモダ(赤ジャケット)と、司会のセブ山(オールバック)がお送りするバーグハンバーグバーグTV!(月曜更新)

今回は、バーグハンバーグバーグの社員達が影響を受けたマンガのお話です。

日本の誇るべき文化である「マンガ」。バーグハンバーグバーグの社員達はどのようなマンガを読んで育ち、影響を受けたのでしょう? そしてマンガは仕事にも生かすことはできるのでしょうか?

 

 

 

元々、バーグハンバーグバーグはマンガ好きが多く、幼少期から現在進行形でマンガを読み続けているとか。

それではいったい、彼等はどのようなマンガを読んでいるのでしょう。

 

 

 

そんな質問に対して、社員ゲストである永田が挙げたのは『幽遊白書』。そのチョイスに「ああ~!」と場が盛り上がります。

 

 

 

シモダが語るには、幽遊白書は見ている人が多いので「こういうシーンあったじゃないか」と盛り上がることができると力説します。

 

 

 

「アイデア出しの際にも、幽遊白書のパロディネタはすぐ出る」と、社員ゲストの原宿も語ります。

やはり日々生まれてくるアイデアは、過去に読んだ漫画から影響されやすいようです。

 

 

 

「幽遊白書は、この世に中二病という言葉を生み出した偉大なマンガなんですよ!」と、シモダ。

今や有名となったこの言葉も、幽遊白書から生み出されたのかもしれません。

 

 

「当時の国家予算が66兆2000億円ということも学べたんです!」と、全員。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント