自分が過去に話した内容を相手が覚えてくれていると、「話をしっかり聞いてくれていたんだ」と感じ、嬉しいと感じるものですよね。それは女性だけに限らず、男性も同じように感じています。

では男性が、デートなどの会話で「こんなことを覚えてくれてたんだ!」と感激するのはどんなことなのでしょうか?

本記事では、男性数人にリサーチした上で、男性が女性との会話の際に「覚えていてくれて嬉しい」と感激するポイントや話題についていくつか紹介します。

男性の喜ぶポイントが知りたい、次のデートを確実のものにしたいと考えている女性は、ぜひ参考にしてください。

男性が「覚えてくれていた!」と感激するポイント

1. 好きな食べ物、嫌いな物を覚えてくれている

男性は、自分の言葉や行動を覚えてくれていると嬉しいと感じるものです。銀行勤務のAさん(32歳)は、以前女性とデートした時に、Aさんが喜んで食べている食べ物、または嫌そうな顔をして食べていた物を、その女性が覚えていてくれたことに、とても感動したそうです。

さらにその上で、次のデートプランに好きな食べ物に関する場所を提案してくれたので、きっと彼女なら今後も自分のことを支えてくれると感じ、「結婚を前提に交際してください」と告白したそうです。

男性とご飯を食べに行く時は、さり気なく相手の顔色を見ながら好きな食べ物、嫌いな食べ物をチェックしておくといいかもしれませんね。

2. 一緒に映画を見たときの出来事を覚えていてくれた

Bさん(28歳/営業)は、ある日一緒に彼女と金曜ロードショーを見ることになったそうです。しかも、その金曜ロードショーが、まさかの初デートの時に彼女と一緒に見た映画だったのだとか。

一緒に金曜ロードショーを見ていると、彼女から「前にこの映画を見た時、〇〇君ここのシーンで涙を流していたよね」と話をされ、映画を見ていた時も自分のことを気にかけてくれていたと感じ、とても嬉しかったそうです。

とくに初デートの時の思い出について、詳しく覚えていてくれたことにBさんは感激したそうです。

初デートの時の思い出や、映画を一緒に見た時に感じた彼との思い出を伝えてみると、彼に喜んでもらえるかもしれません。

3. 自分が一生懸命頑張ったことを、いつまでも覚えてくれている

Cさん(32歳/建設業)は以前、資格勉強に励んでいた時があったのだそう。交際中の女性には「資格勉強で今は会えない」といっていたことがあったのですが、彼女から一切文句を言われたことはないそうです。

それから何年か経ってもなお、自分が仕事で成功するたびに彼女は「あの時、一生懸命に試験勉強を頑張ってきたから、その時の頑張りが返ってきたんだよ」とCさんに言うそうです。

資格勉強をしたことすら自分はすっかり忘れているのに、頑張ってきた過程を彼女はずっと覚えて、認めてくれているんだなと思うとすごく嬉しかったそうです。

Cさんの彼女のように、彼が頑張ってきた過程をずっと覚え、そして成果が得られた時に「あの時、あなたが頑張ったからよ」と伝えるのは、男性のハートにグッとくるのでしょうね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます