幸せな結婚生活を送れる男性と出会いたいけど、年齢を気にして「この人でもいいか」と妥協してしまうと、結局結婚に踏み切れずに時間の無駄、なんてこともあります。

条件の幅が狭いのも問題ですが、逆に緩めすぎても本当に結ばれるべき相手から遠ざかるもの。

30代での婚活で「本当は妥協したらダメ」な点について、お話します。

こんな男性で妥協すると結婚が遠のく!?

1: ふたりで過ごす時間を優先しない

お付き合いしてみたはいいけれど、いつも残業やほかの約束で自分との約束は後回しにされる。でも、会えば優しいし楽しいから……とふたりで過ごす時間を優先しない男性の状態に目をつぶっていませんか?

結婚を前提にしない交際であれば、そんな男性でも大丈夫かもしれませんが、いずれ籍を入れる可能性のある女性を後回しにできるのは、結婚についての考え方が浅い、あるいは甘いといえます。

「この人と夫婦になるかもしれない」と思えば、いろいろな場面、たくさんの時間を共有して、自分との相性を確かめようと思うはず。

普段通りの生活の中で無理なく交際を続けることも大切ですが、ほかの約束より彼女との時間を優先しないのは、男性の中で結婚の価値が低いと考える冷静さも重要です。

2: 結婚生活について具体的なイメージを持っていない

「帰宅したら奥さんがあたたかいご飯を作って待っていてくれる」など、結婚生活について自分なりの理想を持っている男性も少なくありません。

ふたりの暮らしに明るい希望を持てるのが婚活の基本ですが、気をつけたいのは「結婚してみないとわからない」「何とかなるでしょ」と具体的なイメージを持っていない男性です。

ふたりの生活を想像できないのは、ズバリ「相手任せでOK」と考えている証拠。夫としての責任を果たす気がない、何かあっても妻が解決してくれるという甘えがあります。

実際に「とにかく結婚すれば大丈夫」と言っていた男性と結婚した女性は、いざふたりでの暮らしが始まると家事の丸投げや金銭面での問題に苦労したケースがあります。

籍を入れる前にどんな生活になるかを話し合えない男性は、結婚について真剣に考えていないと思いましょう。

3: お金の話を避ける

たとえば、収入や貯蓄の額を教えてくれなかったり、普段はどんなところにお金をかけているか明かさなかったりする男性は、結婚しても自分のペースだけでお金を使う可能性があります。

ケチや浪費家というわけではなく、お金の話を避けるのは結婚して不自由になるのを嫌がるからです。

「家庭にお金の使い方を制限されたくない」と思うようでは、結婚して妻がやりくりに苦労するのを見ても罪悪感を覚えません。

いまだに「他人と金銭の話をするのはいやらしい」と言う人もいますが、夫婦となると話は別です。

生活の基本となる収入や使い方について、結婚する前にしっかり価値観を共有できない男性は、夫として信頼するのが難しいと考えましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます