第42回ぴあフィルムフェスティバル第42回ぴあフィルムフェスティバル

「第42回ぴあフィルムフェスティバル」が、9月12日(土)から東京・国立映画アーカイブにて、先日、一部の上映作品が発表されていたが、この度、6企画からなる全ラインナップが公開された。

新型コロナウィルス感染予防のための消毒や検温、換気を徹底し、定員数を約3分の1に制限し、ソーシャル・ディスタンスを確保して実施する、今年のPFF。その中身は以下の通りとなった。

1.世界三大映画祭を制した驚異の映像作家ロイ・アンダーソン監督特集

ロイ・アンダーソンロイ・アンダーソン ©Studio 24

27歳での初の長編映画『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』(70年)が国内外で称賛されるも、2作目『ギリアップ』(75年)以降CM制作に専念したアンダーソン監督。

CM界の巨匠となり自らの美学を詰め込んだスタジオを拠点に、唯一無二の映画を携え2000年に復活を果たし、『散歩する惑星』(00年)でカンヌ映画祭審査員特別賞を受賞。

続く『愛おしき隣人』(07年)は同映画祭ある視点部門に出品。『さよなら、人類』(14年)でヴェネチア映画祭金獅子賞(グランプリ)に輝き、「リビング・トリロジー(人間についての3部作)」を完結。

本特集では、これら長編作品に加え、昨年、ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した11月公開の最新作『ホモ・サピエンスの涙』(19年)の特別上映や、「リビング・トリロジー」のプレリュードと言われる『ワールド・オブ・グローリー』を含む短編プログラム(1967~1991年)の日本初上映を行う。

■ロイ・アンダーソン監督特集 ~素敵なにんげんたち~

上映作品:『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』
1970年ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞ほか4冠 *35mmフィルム上映
『ギリアップ』 港町のホテルを舞台に描く、哀愁漂うクライムムービー *日本初上映
『散歩する惑星』 構想20年、撮影4年をかけて撮り上げた傑作*35mmフィルム上映
『愛おしき隣人』 架空の街を舞台としたユーモラスな人類観察映画 *35mmフィルム上映
『さよなら、人類』 時空間も現実も超えた、真面目でおかしな人々の人生と死の物語
『ホモ・サピエンスの涙』 全33シーンすべてをワンシーンワンカットで撮影! *特別上映
短編プログラム 貴重な学生時代を含む初期短編5本を日英字幕で上映 *日本初上映

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます