乳幼児連れのディズニー ©Disney

東京ディズニーリゾートが2020年7月1日より再開を発表。

現在、事前予約という形でのチケット販売が行われています。

密を避けるため、各パークの入場者数は「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に定められている通常時の50%以下。

もちろんチケットは争奪戦となっていますが、逆に手に入れられた人は通常より空いているパークが約束されているようなもの。

そんなレアチケットを手にしたファミリー向けに、運営しているアトラクションやレストランを最大限満喫する方法をご紹介します。

アトラクション

スティッチ・エンカウンター ©Disney


まず、気を付けたいのが、ディズニー・ファストパス®が当面の間休止となること。

入場者数が制限されるため、待ち時間をさほど心配しなくてもよさそう。

しかし、乳幼児連れとなると、できるだけ待ち時間は減らしたいですよね。

待ち時間をこまめにチェックして、できるだけ空いている時間を見つけてあげてください。

お子様向けで、筆者が特におすすめしたいのが

東京ディズニーランドでは「空飛ぶダンボ」

乗車できる人数が少ない為、普段から待ち時間が長いアトラクションです。

「空飛ぶダンボ」には、ディズニー・ファストパス®が無いので、空いている時こそ乗ってもらいたいアトラクションです。

【ベビーカーで寝てしまった。】

そんな時は、ベビーカーのまま利用できるアトラクションはいかがでしょう?

東京ディズニーランドでは「蒸気船マークトウェイン号」がおすすめ。

気持ちのいい風に吹かれながら、パークを満喫できます。

※ベビーカーは1階のみ。2階には上がれませんのでご注意ください。

東京ディズニーシーでは「マーメイドラグーン」が天候に左右されず楽しめそう。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます