展示風景より
フォトギャラリー『GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ』写真をもっと見る
  • 葛飾北斎《北斎漫画》
  • 《北斎漫画》より
  • 歌川芳藤《心夢吉凶鏡》
  • 歌川広重《教訓人間一生貧富区両道中之図》
  • 展示風景より

すみだ北斎美術館で、11月25日(水)より『GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ』が2021年1月24日(日)まで開催されている(途中展示替えあり)。

江戸時代の北斎や国芳などの浮世絵版画から、明治期以降に次々と生まれた漫画雑誌や漫画本とのつながりや発展、変遷に着目した展覧会だ。

「漫画のルーツ」を時代の流れに沿って紹介

展示風景より

世界共通言語「MANGA」としても扱われるようになった漫画。

この表現のルーツをさかのぼれば、江戸時代の浮世絵の表現にたどりつく。この展覧会はこの「漫画のルーツ」を時代の枠組みを越え、総数約270点もの資料や作品をもとに紐解いていくものだ。

展示は3つの章立てで構成されている。第1章は、「商品としての量産漫画の誕生」と題し、江戸中期からの戯画が大衆化された過程をたどる。

葛飾北斎《北斎漫画》
《北斎漫画》より

印刷技術が発展した江戸時代、さまざまなジャンルの浮世絵が流通していくなかで、世相を諷刺する「戯画」が、民衆の人気を集めるようになっていく。

ときにはユニークに、ときには辛辣に、幕府の改革や幕末の動乱、大事件などを伝える諷刺の精神はこの頃から生まれていたのだ。

葛飾北斎の《北斎漫画》は、門人希望がひきもきらなかった北斎の絵手本帳。単なるポーズ集、図案集にとどまらず、ページの中にもユーモラスな諷刺精神が宿っている。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます