Photo:小境勝巳
フォトギャラリー銀杏BOYZ 峯田和伸インタビュー記事のフォトを見る
  • Photo:小境勝巳
  • Photo:小境勝巳
  • Photo:小境勝巳

銀杏BOYZの6年9ヶ月ぶりとなるフルアルバム『ねえみんな大好きだよ』が10月21日にリリースされた。

本作は、オリジナルメンバー脱退後、峯田和伸1人になってから初めてのフルアルバムになるのだが、この6年9ヶ月を顧みれば、前作からここに至るまでの銀杏BOYZは休むことなくラジカルに動き続けていた。

銀杏BOYZ結成から17年間の活動の中でも、かなり濃厚な時間を過ごしていたわけだが、これらの経験や刺激が、銀杏BOYZにとって最も重要なアルバム制作にどう反映されたのだろうか。

また、誰もが新型コロナウイルス感染拡大による制限や影響を強く強いられている今、峯田はどんなことを考え、銀杏BOYZの表現に反映させたのだろうか──。

ここでは、こういった今の峯田が考えていること、アルバム完成までの経緯と思い、収録楽曲についてを徹底インタビュー。アルバム収録曲数「11」にちなんで11週にわたってお届けする(毎週水曜日更新予定)。

第9回の今回は、『生きたい』の次に収録されている打ち込みのポップチューン『GOD SAVE THE わーるど』について聞いた。

UCARY VALENTINEとの共作で生まれたポップチューン

── 今回のアルバムの軸になったという『生きたい』の次には、打ち込みのポップな新曲『GOD SAVE THE わーるど』が収録されています。正直この流れは意外でした。『生きたい』の後に、こんなキラキラした曲がくるのかと。

峯田 でも『生きたい』の後は、この曲しか考えられなくて。あの『生きたい』を包み込んでくれる曲ということを考えれば。

たださ、この曲は当初打ち込みではなくて。バンドアレンジでライブで演奏したこともあるんだけど、でも、今回のアルバムを作るにあたって「もうガラッと変えて打ち込みだな」と思って。それで、UCARY VALENTINEさんという女性ミュージシャンの方にトラックをお願いすることになったの。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます