撮影=髙木博史/ヘアメイク=結城藍

KREVAが有料生配信ライブ<KREVA Streaming Live「① (マルイチ)」>を開催する。

2月27日より<KREVA CONCERT TOUR 2019-2020「敵がいない国」>全国ホール&アリーナツアーが予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため全公演無期限延期。

本来ならツアーファイナル公演となるはずだった6月24日の午後9時08分に、新たなプラットフォーム「Thumva(サムバ)」のこけら落とし公演としてオンラインライブが行われる。

また、この日にはツアーのために書き下ろされ披露する予定だった新曲「素敵な時を重ねましょう feat. SONOMI」も自身のオンラインショップにて数量限定で発売される。

4月から5月にかけての外出自粛期間にはトラックメイキングの模様を自身のYouTubeチャンネルから生配信するなど旺盛な発信を繰り広げてきた彼。

新曲について、新たな試みについて、そしてオンラインだからこその表現の幅の広がりについて語ってもらった。KREVAが明かす全国ツアー無期限延期の裏にあった思惑【前編】に続く【後編】です。

撮影=髙木博史/ヘアメイク=結城藍

── 6月24日には新曲「素敵な時を重ねましょうfeat. SONOMI」が発売になりますが、これはもともと無期限延期になった「敵がいない国」ツアーのために作った曲なんですよね。

KREVA そう。ツアーで歌おうと思って作ってそのままになってたんだけど、スタッフから「あれを出したい」という話をもらって。結果ウチのオンラインショップ限定で発売になったという感じです。

── これは、どういうモチーフ、どういう意図を込めて作った曲だったんですか。

KREVA SONOMIを呼んだきっかけは、去年のライブハウスツアーで「涙止まれよ」っていう歌を一緒に歌ったことで。『愛・自分博』に入ってる曲なんだけど、この歌は俺もSONOMIもまったく頑張らない声で、完全ユニゾンで歌うんです。

それがものすごく気持ちいいってことに気付いた。こういう曲をやりたいと考えて、ここ3、4年くらいで自分が作った中で一番気に入ってるメロディを歌おうと作った感じですね。

── 声を張り上げず、盛り上げず、平熱で声を重ねるというのがポイントだったんですね。

KREVA そうだね。作っている間も「頑張んないのがキーワードだよね」って言った気がする。

── 歌詞には「歳を重ねていい大人になる」というテーマがありますが、これは?

KREVA もうひとつのきっかけになったのが、ツアーのリハーサルに、バンドメンバーたちが60年代とか70年代製のギターみたいなビンテージの楽器を持ってきたことで。それがめちゃくちゃいい音なんですよ。

よく「老けたなあ」とか「もう歳だから」って言いがちだけど、それはそれでいいところもあると思って。培ってきたものを肯定するような考え方の提示ができたらいいなって前から思ってたんです。

そういうテーマはメロディができたときからずっとあって。もちろん新しいものも好きだけど、それにばっかり価値を見出そうとするのはどうなのかなっていう。

── ちなみにジャケットもKREVAさんデザインなんですよね。これはどういうふうに作ったんですか。

KREVA 昔からコラージュが好きでよくやってたんですよ。雑誌とかを集めてハサミで切ってコラージュするのをソロデビューしたころから趣味みたいにやってて。

で、たまたまツアーのためにYouTubeを始めるにあたってFinal Cut Proっていう動画編集ソフトの使い方を覚えたんだけど、やってるうちに「これでコラージュ作れるんじゃね?」と思って。

もともと静止画を作るソフトじゃないんだけど、そういう使い方をするのもヒップホップっぽいかなと思ってやってみた感じです。

『素敵な時を重ねましょう feat. SONOMI』

── 子供のころの自分の写真を使ったのは?

KREVA それが曲のテーマと合致したというのかな。まずメンバーにビンテージ楽器の写真を撮ってもらったんです。

そしたらバンマスでもあるドラムの白根(佳尚)がビンテージシンバルの写真を送ってきて、それを見て「木の年輪みたいだな」と思って。

それで真ん中に子供のころの自分の写真をコラージュしてみたんです。それをメンバーのLINEグループに送ってみんなで爆笑してたんだけど。でも本気で作ったものよりこっちのほうが意外としっくりきたんで採用になったという感じですね。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます