宮永愛子《ひかりのことづけ》

東京、特に北東エリアを中心に展開する国際芸術祭「東京ビエンナーレ 2020/2021」が7月10日(土)より開幕した。

9月5日(日)までの会期中、上野や谷根千、銀座や丸の内などで幅広いジャンルの作品が展示されるほか、ワークショップやイベントなども開催される。

「東京ビエンナーレ」は、当初は2020年の開催を予定していた国際芸術祭。新型コロナウイルスの影響で開催延期となっていたが、今回「東京ビエンナーレ 2020/2021」として開催されることとなった。

テーマは「見慣れる景色へ−純粋×切実×逸脱」。総合ディレクターはアーティストの中村正人と武蔵野美術大学名誉教授の小池一子が務める。今後、2年に1度の開催が予定されている。

参加アーティストはアートや建築分野のみならず、デザインやファッション、食にテクノロジーなど幅広い領域から全64組が参加。展示会場は千代田区、中央区、文京区、台東区の4区にまたがっており、鑑賞者はそれらの会場を自由にめぐって観賞していく。

そんな大規模な芸術祭の見どころをダイジェストでレポートしよう。

フォトギャラリー【写真】「東京ビエンナーレ 2020/2021」展示風景を見る
  • 遠山正道《Sprint Hours》
  • 岡本太郎の《若い時計台》と太湯雅晴《The Monument for The Bright Future TOKYO / 2021》
  • 中村政人《東京Z学研究所》
  • 中村政人《東京Z学研究所》
  • 中村政人による《神田小川町・優美堂再生プロジェクト ニクイホドヤサシイ》 屋上に設置されたアーティストのo-junによる作品

1.歴史と現代をつなぐ作品

冒頭の写真の作品は、湯島聖堂を会場にした宮永愛子《ひかりのことづけ》。回廊の中央に透明度の高いガラスを置き、日々変わっていく様々な光を集め、分散させている。

宮永愛子《ひかりのことづけ》
宮永愛子《ひかりのことづけ》

また、聖堂に置かれた水鉢には、讃岐地方を語源とする、1500万年前の石、サヌカイトを設置。

水滴を受けると澄んだ音を奏でるサヌカイトに注意を向けていると、それまで気にも留めていなかった車や風、人々の声など街の音も聞こえてくる。

宮永愛子《ひかりのことづけ》

神田須田町の西側は戦災での焼失を逃れ、看板建築が残ったエリアだ。

古着を扱う老舗として知られていた海老原商店は1928年の竣工。この看板建築の建物をまるごと作品にしたのが西尾美也の《着がえる家》だ。

西尾美也《着がえる家》
西尾美也《着がえる家》

建物内には、装うこととコミュニケーションをテーマに展示が行われている。

また《着がえる家》では、会期中に洗濯物を持ち寄り、洗うワークショップが実施される予定だ。

蔵前の寺院「長応院」の敷地内にある瞑想空間「空蓮房」では、内藤礼《Praying for Tokyo 東京に祈る─「わたしは生きた」》が展示されている。

東京大空襲の犠牲者のために、内藤は彫刻「ひと」を空蓮房のなかに配置。

また、隣接する墓地内慰霊碑「親子地蔵尊」には、なみなみと注がれた水を捧げ、空襲の記憶を届けようとしている。

「親子地蔵尊」
内藤礼《Praying for Tokyo 東京に祈る─「わたしは生きた」》
「ぴあWEB」更新情報が受け取れます