バーグハンバーグバーグ通信

99%痴漢冤罪を回避できる通勤電車の乗り方

バーグハンバーグバーグ通信(バグ通)第32回。満員電車で通勤するサラリーマンにとって他人事ではない「痴漢冤罪」。実際に痴漢がいるにしても、女性側の勘違いひとつで人生を終了させられてはたまったものではありません。そこで今回は、「99%痴漢に間違われない通勤電車の乗り方」を6パターンご紹介します。

満員電車で通勤する都会のサラリーマンにとって他人事ではない痴漢冤罪。実際に破廉恥行為をはたらく男性がいるにしても、女性側の勘違いひとつで人生を終了させられてはたまったものではありません。男性が身を守る術として、痴漢と間違われないためにはどのようすればいいのでしょうか? 今回は手軽に使える“99%痴漢に間違われない通勤電車の乗り方”を6パターンご紹介します。

 

 

 

1.

またがる

電車の中にいるから痴漢に間違われるのだ、という逆転の発想から生まれたのがこちらの方法です。女性は基本的に電車の中に乗るため、電車上は接触する危険性が限りなく低く、風に吹かれながらゆったりとした安全な通勤が約束されます。ひとつだけ問題点を挙げるとすれば、かなり大きい人でなければできません。

 

 

 

 

2.

ずっと胴上げされとく

乗車駅から目的地までひたすら胴上げされていれば、女性に接触すること自体難しくなります。また、接触したとしても喜びのドサクサでかき消されてしまうので問題ありません。万が一、金銭目的等で痴漢の冤罪をふっかけられても、「私はその時間、胴上げされていました」という完璧なアリバイを用意できます。この事実が覆ることはありません。

 

 

 

 

3.

両手にソフトクリーム

この方法は痴漢冤罪の予防に重要な「両手が塞がった状態を作ること」を満たすと同時に、アイスクリームでベタベタの手で周囲を引かせるという、攻防一体となったアグレッシブな手段です。痴漢とは関係なく乗客の服を汚してクリーニング代を請求されることもあり得ますが、痴漢冤罪に比べればリスクは微々たるものです。

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント