バーグハンバーグバーグ通信

会社の重役に「今すぐビルから飛び降りろ」と言われたときの6つの回避法

バーグハンバーグバーグ通信(バグ通)第42回。社会人なら誰でも経験のある、会社の入っている高層ビルで重役に「お前ちょっと飛び降りてみろ!」と言われるシチュエーション。今回は、そんなときに相手の機嫌を損ねずに飛び降りを回避する方法をご紹介したいと思います。

社会人なら誰でも経験のある、会社の入っている高層ビルで重役に「お前ちょっと飛び降りてみろ!」と言われるシチュエーション。いっぱしの社員として会社に何がしてあげられるかを考えたときに、たかがビルから飛び降りられないのも考えものですが、一方で飛び降りたら死ぬし、できれば死にたくないというのが本音です。

そこで今回は、あなたが働いている会社の重役に「飛び降りろ!」と言われたときに、ほとんど機嫌を損ねずに実際に飛び降りることを回避する方法をご紹介したいと思います。明日は我が身かもしれませんので、ぜひ最後まで目を通してください。

 

 

 

 

1.

いい女みたいにあしらう

「飛び降りろ!」なんて言った重役も、「少し言いすぎてしまった」と後悔しているかもしれません。大真面目に反応するよりも、このように大人の女性としての気品と余裕を漂わせる対応をすることで重役も「話のわかる部下だ」と安心し、さらにあなたの器の大きさに惚れ込むことでしょう。

 

 

 

 

2.

雪に気付く

「飛び降りろ!」の言葉に逆上して窓から身を乗り出し、本当に飛び降りると見せかけて雪が降っていることに気づきましょう。重役も一瞬「本当に飛び降りるの!?」と焦りますが、雪が降っている程度で怒りを納めてくれたあなたに感謝しつつ「え、マジで?積もってる?」と乗ってくるはずです。

 

 

 

 

3.

こうやって戻る

こちらもやはり「本当に飛び降りる」というスタンスを一度見せるというフェイントを入れています。その理由は「飛び降りろ」という言葉が何を意味するのか、ハッタリでも行動をもって知らしめ、罪悪感を覚えさせなければ重役の成長に繋がらないためです。
あなたの思う一番むかつく顔で戻ってきましょう。

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント