バーグハンバーグバーグ通信

ついに流出! デキる社会人が実践する睡眠確保術

バーグハンバーグバーグ通信(バグ通)第74回。仕事が忙しくなればなるほど減ってしまう睡眠時間。デキる社会人は一体どのようにして睡眠時間を確保しているのでしょうか? …実は彼らは、日常のちょっとした空き時間に睡眠をねじ込んでいるのです。今回はその中でも卓越した睡眠術を6つご紹介したいと思います。

仕事が忙しくなればなるほど減ってしまう睡眠時間。不足した状態だとミスが増えたり、能率が下がってしまったりするため、なるべく十分に確保したいところ。ですが、残業や断りきれない付き合いで削られてしまうことは避けようもありません。

デキる社会人は一体どのようにして睡眠時間を確保しているのでしょうか?

…実は彼らは、生活のちょっとしたすき間や業務中、わずかな空き時間に睡眠をねじ込んでいるのです。今回はその中でも卓越した睡眠術を6つご紹介したいと思います。

 

 

 

 

その1.

呼ばれて振り向く瞬間に

人に呼ばれて振り向くとき、デスクも読んだ人の方も向いていないまったく無駄な時間が発生します。

ビジネスの達人はこんな僅かな時間にも仮眠し、そして起きるという工程を欠かさずに行っているのです。

 

 

 

 

その2.

「あの新人、なかなかやるじゃないか」と見守るときに

長年会社に勤めていれば、不器用ながらも真面目に頑張っている新人を「あいつ、なかなかやるじゃないか」と陰から見守る場面もあろうかと思いますが、ここは時間の無駄なので完全に寝ましょう。

実際に見ていなくとも、気配を感じさせるだけで新人にプレッシャーが与えられます。

 

 

 

 

その3.

会議で大反対するときに

おおよそ会議と名のつくものに意味はなく、また反対しようが賛成しようが結果に大差はないため、とりあえず反対する方がデキる男に見えますが、そのさいに同時に睡眠も取れればいうことはありません。

どこで手を抜いてどこで入れるか、その見極めが時間を大事にできる人とできない人をわけるのです。

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント