瀬戸康史 撮影:源賀津己

現役コピーライターの魚返洋平が自身の育児休業体験を綴ったエッセイを原作に、育休を取った男のリアルな日常を描くWOWOWオリジナルドラマ『男コピーライター、育休をとる。』。

日本における男性の育児休業取得がまだまだ一般的ではない中、一念発起して育休取得に踏み出す新米パパ・魚返役で瀬戸康史がWOWOWの連続ドラマに初主演。

俳優として30代を軽やかに歩み、出演作ごとに新境地を見せている瀬戸が、育休生活のあれこれに悩みもがきながらも、かけがえのない幸せを見つけていく主人公について語る。

フォトギャラリー【瀬戸康史】インタビューフォト&『男コピーライター、育休をとる。』写真をもっと見る
  • 瀬戸康史 撮影:源賀津己
  • 瀬戸康史 撮影:源賀津己
  • 瀬戸康史 撮影:源賀津己
  • 瀬戸康史 撮影:源賀津己
  • 瀬戸康史 撮影:源賀津己

日常の小さな幸せに気づかせてくれる作品

瀬戸康史 撮影:源賀津己

──まずは、台本を読んだときの率直な感想を聞かせてください。

瀬戸 この作品で描かれる育休生活って、8割がつらいんです。台本を読んでいても、「こんなにもつらいんだ……」と思ってしまいました。

けれど、夫婦で口喧嘩をしていた次の瞬間、自分たちの赤ちゃんが可愛い笑い声を出す姿を見て、つらさが一気に吹き飛ぶ。それもまた育休なのかもしれないと思いました。そういった光景にほっこりさせられるし、日常にたくさん転がっているであろう小さな幸せに気づかせてくれる作品だと思いました。

──撮影が育児レッスンの場にもなったのでしょうか?

瀬戸 そうですね。沐浴やおむつ替え、授乳など、いろいろな育児体験をすることができました。すごく驚いたのは、赤ちゃんにミルクをあげるとき、思った以上に哺乳瓶を口に突っ込まなくてはいけないということ。ソフトにくわえさせていたら、赤ちゃん役の子の親御さんから「もっとグイッと入れてください!」と言われて。「そんなに!?」と思うくらい入れた方がいいらしく、勉強になりました。

何気ない発見を撮影中にたくさん経験することができましたし、33歳になって父親役も似合うようになったんじゃないかと思います。

『男コピーライター、育休をとる。』 ©2021 WOWOW INC.

──劇中の魚返には、“保活”やパパ友作りなどの難題ものしかかりますね。

瀬戸 保活に関しては、今もよく分かっていないかもしれません。僕自身は福岡の田舎で育ったので、近所の保育園や幼稚園に行くのが当たり前の状況で。こんなにも選んだり、競争したりしなきゃいけない現実にちょっとショックを受けました。親にとっての試練なんだな、と感じましたね。

──映画好きの魚返夫妻が、各保育園をアカデミー賞女優の名前で呼ぶくだりがユニークでした。

瀬戸 誰も思いつかない発想ですよね! ただ、台本を読んでいるときは面白かったんですが、撮影のときはすごくこんがらがって……。ナタリー(・ポートマン)の園長は良かった~とか、メリル(・ストリープ)の保育方針に感動した……とか。台詞に苦労した箇所ではあります(笑)。

瀬戸康史 撮影:源賀津己
「ぴあWEB」更新情報が受け取れます