©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

大倉忠義と成田凌が切なくも狂おしい恋愛を演じる映画『窮鼠はチーズの夢を見る』が9月11日より公開中。

2人が愛し合う姿を見たい、という興味本位も先行していたが、映画を観れば2人の紡ぐ一つの恋愛に、誰もが心のどこかを刺激されるだろう。その“どこか”はきっと観る人それぞれの辿ってきた恋愛によって違ったりもするのだが。予想していない深い後味が残る作品となっている。

物語は不倫をしていた大倉演じる恭一が、大学時代の後輩で、探偵業をしている成田演じる今ヶ瀬にその事実を突きつけられるところから動き出す。恭一の妻の依頼で調査をしていた今ヶ瀬は、それを隠す代わりに、昔から好きだった恭一にキスを求める。

妻とは別れたくない恭一は、どうしようもなくそれを受け入れるのだが、そこから徐々に今ヶ瀬とも離れられない関係になっていく。

一見、普通ではない恋愛を演じる中で、大倉が感じていたこととは? その名前を聞いただけで、二つ返事でオファーを受けたという行定勲監督とのやり取りや、“恋の相手”を演じた成田への思いなど、たっぷりと語ってもらった。

行定さんとご一緒できるワクワクが大きかった

――今作のオファーを受けたときの心境を教えてください。

事務所の方に行定(勲)さんからお話しが来ている、ということを聞いて。脚本はまだ出来上がってなかったんですけど、どういう内容かは知った上で、その方が「すごくいいと思うんだけど、どうかな?」と言ったので、すぐに「やります」と答えました。

――二つ返事ですか?

はい。もう行定さんにお声をかけていただけるだけで光栄ですから。前に丸ちゃん(丸山隆平)が、(映画『円卓』で)お世話になっていて、(関ジャニ∞の)ライブに来てくださっていたのも知ってはいたんですけど、僕は直接お話をさせてもらったことはなかったので、「僕のことを知ってくださってたんだ!」みたいな感じで。それだけに、「何でもやります!」という感覚でした。

©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

――脚本を読んだときはどう思いましたか?

とにかく頑張ろう、と思いました。どんな役をやるとしてもチャレンジになりますし、行定さんで、こういう題材を扱うということで、絶対に充実したものになるという確信が沸きました。

なので、自分が行定さんの求めるラインまで行けるのか、それが表現できるように準備をしなきゃ、と。題材に対して何か思うというより、行定さんとご一緒できるワクワクの方が大きかったですね。

――行定さんの演出で印象に残っていることはありますか?

現場ではあまり細かく言われるようなことはなかったです。「今のでOKだけど、こういう風にしたらどうなるかな?」とかって言われるくらいで。「とりあえずやってみます!」みたいな感じでスムーズに進んだ印象です。

ただ撮影前に監督が思っていることや、僕がそれに対して思ったことなどを話す機会はありました。あとは、監督自身がもともとよく話をされる方なので、雑談をよくしていました。

それから、監督は撮っていたシーンに対してすぐ感想を言ってくださるんです。すごい洞察力を持っていて、見透かされている感じはしましたね。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます