ダイエットや健康管理で気をつけたいのが“糖質の摂りすぎ”。

糖質は体に必要な栄養素ですが、余分な分は内臓脂肪のもとになってしまうので注意が必要です。

ご飯などの主食の他にも知らずに摂っているのが「甘みのある調味料」です。ケチャップやソース以外にも、特に和食は糖質が多いことが指摘されていて、料理に用いるみりんやお酢にも糖質が含まれています。

ご飯などの炭水化物を減らしても痩せにくいなら、調味料も工夫が必要。今回は、糖質を抑えた調味料5品をご紹介します。

ケチャップやソースも!「糖質オフの調味料」5品

KAGOME
カゴメ ケチャップハーフ

KAGOME
カゴメ ケチャップハーフ

塩分・糖分・カロリーを50%カットした「カゴメ ケチャップハーフ」。

完熟トマトの味わいを生かしていて、トマト、砂糖、醸造酢、玉ねぎ、食塩、香辛料、にんにく/酸味料と少ない原材料で工夫されています。着色料・保存料も無添加。

トマトの新鮮さがより感じられるようなケチャップで、「少し甘さが控えめかな」というくらい。

甘さが控えめな分、イタリアン風に近づいています。かけたり混ぜたり、普通においしくいただけます。

一般的なケチャップと変わらず使えて、糖質が高くなりがちなナポリタンやケチャップチャーハンにも使えそう。

オタフクソース
お好みソース 糖類70%オフ 200g

オタフクソース
お好みソース 糖類70%オフ

野菜や果実を中心に食物繊維の難消化性デキストリンを配合し、糖質の中の糖類を70%カットしたお好みソース。

食後の血糖値や中性脂肪の上昇をおだやかにする機能性表示食品となっています。カロリーも30%オフ。

トマト由来の酸味と鰹出汁や昆布などの出汁が風味良く、深い味わいです。一般的なものと比べると甘さは抑えられていて、すっきりした印象です。

野菜や果物などの素材のおいしさが感じられるよう。あまり意識せず糖質オフできるソースですね。

ソースをかけるものはお好み焼きだったりたこ焼きだったり、粉物系が多いので、糖質を抑えられるのは健康的です。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます