暖簾の前で記念写真を撮るハンバーグ女子が多いそうだ

ハンバーグを自分で焼く店もあれば、ハンバーグ丼を売物にしている店も登場。百花繚乱の時代をむかえたハンバーグ業界に、ニュータイプの店が横浜西口にオープンした。

「焼肉スタイル」を謳う『花より、ハンバーグ。』(以下、『花ハン』)だ。

フォトギャラリー焼き方が特殊!『花より、ハンバーグ。』の写真をさらに見る
  • 国産黒毛和牛100%の「花より、和牛ハンバーグ」120g
  • 銀箸でハンバーグを切る。ねばりがあるのでコツがあるかも
  • ハンバーグを薄くのばす。これが『花ハン』流焼肉スタイル
  • 国産黒毛和牛100%のハンバーグの断面
  • カットした肉片も肉肉して美しく、焼ける音も美しかった

精肉卸を生業にする親会社が、国産黒毛和牛100%のハンバーグ専門店を開業したのだ。

だけど、「焼肉スタイル」のハンバーグってなんなの? キムチも食べさせてくれたりして……。期待に胸をふくらませつつ、『花ハン』へ出かけた。

A5ランクの国産黒毛和牛100%の「特選和牛ハンバーグ」120g

一番人気は「花より、和牛ハンバーグ」だそうだ。サイズは、120g(970円/すべて税込)と160g(1200円)と200g(1550円)の3種類。120gを単品でオーダーした。

「花より、ハンバーグ。」の内観

キッチンスタッフがハンバーグのタネをパタパタしたあと、厨房で焼きはじめた。

カウンターのIH用鉄板プレートでハンバーグを焼けるようになっているのに、自分で焼けないの?

注文を受けてからハンバーグのタネをパタパタして空気を抜く

「脂を肉にとじこめるために、両面を数分焼かせていただきます」とホールスタッフ。

なんだ、そうだったのか。ひと安心。

しばらくすると目の前の皿にハンバーグが届いた。

ハンバーグを薄くのばす。これが『花ハン』流焼肉スタイル

「銀箸でハンバーグをひと口大に切り、鉄板で焼いてください」

鉄板にハンバーグを「ドン!」とのっけて、そのまま焼くものだと思っていたが、どうやらそうではないようだ。

「脂がはねるので、食べやすい大きさに切ったものを焼いていただきます」

小さく切ったハンバーグを銀箸で煎餅のように平たくし、両面を約1分30秒ずつ焼くと教えられた。

焼いている最中、気になったことがある(正しくは、気にならなかったことだけど)。

肉を焼く匂いが、ほとんどしないのだ。焼き肉を食べに行こうものなら間違いなく鬼嫁にバレて、イヤミを言われる。匂いが服に付き、弁解の余地なし。「クサイ、クサイ!」と鬼嫁に怒られる。

ところが、『花ハン』の店内には、焼き肉の匂いがしなかった。ホールスタッフによれば、ダクトがフル稼働しているのだそうだ。匂い対策はもちろん、飛沫感染対策もばっちり。

……と感心していたら、「そろそろ食べごろです」とホールスタッフが教えてくれた。

カットした肉片も肉肉して美しく、焼ける音も美しかった

これが『花ハン』が目下売出し中の「焼き肉スタイル」だった。ハンバーグを焼き肉感覚で、好みの焼き加減で焼いて賞味するというのだ。

「うまい肉」更新情報が受け取れます