女の子か、男の子か。 エコーでどこまで分かる?

最近はかなりリアルな3Dエコーなるものもあるようですが、私が通っていた総合病院の診察で見せてもらえるのは、オーソドックスなモノクロのエコーだけでした。
 
あれは見慣れているお医者さんたちには分かるのでしょうが、妊婦的にはわかりやすい体勢をとってくれない限り、何が映し出されているのか、さっぱり分からないもの。
 
ただ、リアルタイムで動くわが子の姿が見られるのは面白いものです。
 
またダンナにとっては妻のお腹の中に新しい命が育っているということを実感しやすいと思い、エコー検査のときには極力ダンナを連れて行っていました(#6話参照)。
 
ちなみに生まれてくるわが子が女の子か男の子か、どっちが良いか、私には明確な希望は特にありませんでした。


どっちかというと、メイクやファッションの話ができたり、自分の人生からアドバイスを送るなら、女の子の方が楽しいかなぁ…と思っていた程度です。
 
逆にダンナは女の子を熱望していたようで、先生に「多分女の子」と宣言された時のニヤケ顔は面白かったです(笑)。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます
バックナンバー