フォトギャラリー子ども嫌いに起こった変化とは…? 展開をマンガで読む
  • マンガ:ヒラマツオ

“子ども嫌い”が一児の母に!? 家電の取扱説明書は一通り目を通すタイプのライター・シュリが、かまってちゃんな夫・父ちゃんとの産後クライシスにビビりながら、予測不可能なベビー・まめの妊娠・出産・育児に挑む4コマエッセイ。

子どもは“不可解で未知の存在”だった

結婚して5年、自分の身体的なタイムリミットに対する焦りと、自分の気持ちに挟まれて揺れていた子なし時代。赤ちゃんが登場した途端に集結する女性の輪が苦手でした(笑)。

赤ちゃんを連れてきた同僚には挨拶したいけれど、「かわいいー!」と黄色い声を上げている輪が苦手。子どものかわいさはさっぱり分からないから、なんて声をかければ良いのかも分からない、という状態。

そんな私が子作りに踏み切ったワケは、記念すべき第1話をぜひご覧ください(笑)。

さて、そんな子ども嫌いが、子どもを産んだらどうなるのか? 果たして自分の子どもを「かわいい」と思うことができるのか? 私に起こった変化をご紹介します!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます
バックナンバー