片思いをしていると「私のことどう思っているのかな……」と、気になりますよね。

相手の様子を思い出してみてもイマイチわからない。感触は悪くなさそうだから、つい頑張ってアピールしちゃう……。

そんな女性は多いでしょう。

では、本当のところ、男性はどうでもいい女性にアピールされたらどういった態度を取るのでしょうか。

そして女性が勘違いしがちなポイントはどんな部分なのでしょう。今回は、その疑問について紹介します。

分かりづらい! 男性の「どうでもいい女性の回避法」とは?

1: 知らない振りをする

どうでもいい女性に対してへの態度では一番多いパターン。

エネルギーを使わずすむ簡単な方法です。知らん振りでなく、どうでもいいと本当に視界から消えるため、「その女性のことにまったく気づかない」=無視した態度になることも多いでしょう。

  • いい方向に勘違いしてしまうポイント:好きな人にはっきり言われないから
  • もっとアピールされたら好きな人は:知らない振りを続けるだけ

2: さりげなく距離を置く

男性は興味のない女性に対して、友達だったらあまり顔を合わさないようにする。二人きりにはもちろんならないし、バッタリ会っても会話はしない。というようにさりげなく距離を置き、フェードアウトを狙うようです。

  • いい方向に勘違いしてしまうポイント:さりげない距離置きなので気づかない
  • もっとアピールされたら好きな人は:距離を大きく置き、はっきりいやな顔をするようになる

3: どうでもいいと分からせる

同僚やサークル仲間など、同じ場所にいなければならない関係の場合、分かりやすく反応を示そうとすることが多いようです。

みんなと一緒のときは、その女性を見ない。リアクションや反応を薄くする。会話で返事をしない。などです。

  • いい方向に勘違いしてしまうポイント:みんなと一緒で行動するので、嫌われてもいない、「どうでもいい」と思われているなんて深くは考えない
  • もっとアピールされたら好きな人は:みんなと一緒でも完全無視する
「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます