(左から)小田香監督、石川直樹

小田香監督、自ら水中撮影を敢行した“セノーテ”とは?

自主映画の祭典“ぴあフィルムフェスティバル”を擁するPFFが立ち上げた新プロジェクト“オンラインPFF”。

その幕開けを告げる『PFF・オンライン映画祭~“ひと”が映画をつくる~』が7月9日、ついに最終日(第6夜)を迎えた。映画祭のクロージングを飾ったのは、PFFが新たな才能に対して創設した第1回大島渚賞に輝いた小田香監督の『セノーテ』だ。

2013年にハンガリーの巨匠タル・ベーラ(『ニーチェの馬』『サタンタンゴ』)が指揮した若手映画作家育成プログラム“film.factory”に第1期生として参加した小田監督は、15年にボスニアの炭鉱を捉えた初長編作品『鉱 ARAGANE』を完成させ、大反響を呼んだ。

最新作『セノーテ』はメキシコ・ユカタン半島の北部に点在し、セノーテと呼ばれる洞窟内の泉に迫るドキュメンタリーで、9月19日から劇場公開される。

上映後には小田監督、そして当時最年少で世界七大陸最高峰の登頂に成功した写真家で作家の石川直樹がトークイベントを実施。異なる表現スタイルで、未知なる世界を切り開くふたりが語らった。

「海や水中で撮影したいと思っていた」という小田監督は、同じ育成プログラムで学んだ友人からセノーテの存在を聞かされたそうで、ダイビングを学び、自ら水中撮影を敢行。

「セノーテは30、40カ所くらい訪ねたが、各々雰囲気が違った。目指したのは、自分がセノーテ自体になるというか……。無理だと分かっていても、いかに空間と自分がシンクロできるか主観で撮っていた」と特異な経験を振り返った。

『セノーテ』 ⒸOda Kaori
「ぴあWEB」更新情報が受け取れます