湿度も気温も高いのに、マスクがマストになっている今年の夏。「美人見せ」を叶えるメイクは、マスクで覆われない、“顔の上半分”の仕上がりにかかっています。

マスクをすると、健康な人でも病的に見えやすいことから、この顔の上部分をヘルシーに仕上げるのが、美人に見せるポイント。

マスク特有の「病的な印象」を払拭し、メイクは健康的なイメージに仕上げましょう。

時短美容家の並木まきが、30代と40代、それぞれの世代が「美人に見せるメイク」のポイントを解説します。

30代のヘルシーアイメイクのポイント

30代は、まだまだまぶたのくすみは、さほど気にしなくてもヘルシーなメイクができる年代。健康的に見せるポイントは、“腫れぼったいイメージ”を回避するのが最優先に。

この夏も、レッドなど暖色のアイシャドウを使ったメイクの人気は健在。

しかし「マスク×暖色系」のアイメイクは、色の選び方によっては腫れぼったい目もとを強調させがちです。

1: グリッター・ラメ系は避ける

グリッター系、ラメ系のアイシャドウは夏らしい雰囲気なので、つい手が伸びがちだけれど、マスクをする日のメイクには、不向きなことも。

グリッター感やラメのせいで、まぶたがギトギトした印象になってしまい、マスクと合わせるとトゥーマッチなイメージから、重さを感じやすいのです。

2: くすんでいる発色のものは避ける

くすんでいる発色が特長の暖色アイシャドウも、まぶたを腫れぼったく見せてしまうリスクが大。

マスクのないときには、チークやリップとの調和によって「いい感じ」のメイクでも、マスクで顔の下半分が覆われることによって、目もとの腫れぼったさだけが強調されてしまう場合も少なくないのです。

30代におすすめ! ヘルシーアイメイクになるアイシャドウ

「何を使ったらヘルシーな目もとになる?」と迷ってしまったら、こんなアイシャドウがおすすめです。

1: ベアミネラル ジェン ヌード アイシャドウ パレット # Copper

ベアミネラルのアイシャドウは、発色の良さに定評があり、マスクメイクでもぼやけた印象になりにくいのが特長。

暖色系のアイメイクなら、グラデーションのポイントメイクもしやすいパレットタイプが便利です。

2: セザンヌ トーンアップアイシャドウ 02 ローズブラウン

プチプラながら、発色の良さに定評があるセザンヌのアイシャドウ。

ローズブラウンは、ほどよくブラウンが入っているのと、光沢のある質感で、目もとの印象がぼやけにくいです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます