バーグハンバーグバーグ通信

どんなに気の弱い人でも定時に上がれる”鉄板”テクニック6パターン

バーグハンバーグバーグ通信(バグ通)第12回。どうしても帰らないといけないとき、“定時上がりの達人”たちはどうやって同僚や上司たちを煙に巻くのか? 今回は、気まずくならずに定時に上がれる方法を6パターンもご紹介します!

今日は何としても定時に上がりたい! そんな日に限って、直前に終わるはずがない量の仕事を任されたりしますよね。「絶対に帰る」と決意していたはずなのに、いざとなると断りきれずに泣く泣く残業…。誰もが一度は経験していることではないでしょうか。

しかし、やられっぱなしではいけません。どうしても帰らないといけないとき、“定時上がりの達人”たちはどうやって同僚や上司たちを煙に巻くのか? 今回は、気まずくならずに定時に上がれる方法を6パターンもご紹介します!
 

 

 

 

 

1.サプライズっぽく出て行く

アイマスクをつけて手を引いてもらいながら出て行くと、同僚は何らかの記念日だと思い込んで口を挟みにくくなります。「お前も残業しろよ」という同調圧力が蔓延る日本の職場ですが、誰もが主役になれる記念日に限ってはその心配に及びません。

 
 

 

 

 

2.かわいい花を夢中になって摘んでいるうちに会社を出てしまう

可憐な花に心を奪われてしまうのは誰にでもあること。結果、夢中になって摘んでいるうちに、いつの間にか会社を出てしまっていても咎められません。ただし、熱中しすぎて知らない世界に迷い込んだりすることはないように気をつけましょう。

 


 

 

 

3.定時前からリードを広げておく

定時が訪れたらすぐさま帰宅に移れるよう、業務終了を見据えて少しずつリードを取っておくようにしましょう。あまり大きくリードを取ると、同僚が振り向いたときに戻れなくなるので、ギリギリで戻れる距離を把握しておくのが大切です。

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント