PHOTO:吉田圭子
フォトギャラリー【峯田和伸×三浦大輔】相思相愛ロング対談の画像をさらに見る
  • PHOTO:吉田圭子
  • PHOTO:吉田圭子
  • PHOTO:吉田圭子
  • PHOTO:吉田圭子
  • PHOTO:吉田圭子

7月11日から8月3日まで、Bunkamura シアターコクーンでの公演が決まった三浦大輔作・演出による舞台『物語なき、この世界。』。

岡田将生、峯田和伸、柄本時生、内田理央、宮崎吐夢、米村亮太朗、星田英利、寺島しのぶといった錚々たる出演陣が展開する物語で、その内容こそベールに包まれているものの、これまでの三浦作品から推測するに本作もまた今の時代を鋭くえぐり、そしてリアルを見せる舞台であることが予想される。

【峯田和伸×三浦大輔】相思相愛ロング対談 <後編>

ここでは【前編】【後編】の2話にわたって三浦作品の複数に関わってきた峯田和伸、そして作・演出の三浦大輔とのロングインタビューをお届けする。

【後編】の今回は『物語なき、この世界。』で峯田がどんな役回りになるのか、そして三浦が目指す表現について聞いた。

今回の『物語なき、この世界。』では、峯田のイメージが変わるかも?

ーーそんなプライベートでの談話の中で、今回の『物語なき、この世界。』のオファーもされたようですね。

三浦 そうです。『裏切りの街』が終わった後も、僕はずっと「峯田くんとやりたい」と思っていて。それでオファーさせていただいたんですよ。

出てもらうのは役者としてではあるけど、単に「役者と作り手」という関係性ではなく、「峯田くんと一緒にものを作りたい」という思いです。だから、今回の『物語なき、この世界。』のキャスティングは、峯田くんありきで考えました。

PHOTO:吉田圭子

ーー岡田将生さんをはじめ、良い意味で想像がつかないキャスティングですね。

三浦 良い意味でチグハグですよね。演劇臭くもなく、芸術臭くもなく、どこか俗っぽい感じもするし、そういうアベコベさが良いなと思ってるんですけど、これがどんな作品に仕上がるのかはやってみないとわからないです。

峯田 現時点では僕も全くわからない(笑)。ここで三浦さんに聞いてみたいことがあって。三浦さんは今まで何作も脚本を書いてきたと思うんですけど、『物語なき、この世界。』で、「これまでの作品にはなかった、こういうことをやりたい」とか「今回はこれまでと、ここを変えたい」とかはあるんですか?

PHOTO:吉田圭子

三浦 それで言うと、峯田くんの使い方は変えたいと思ってる。峯田くんの魅力的なところって、実直だったり感情の強度のすごさでしょう。そこをみんな観たがっていると思うんです。

でも、普段接していると、峯田くんにも当然軽薄な部分があったり、素顔があって。でも、その部分は皆さんこれまでにあまり作品に反映させていなかったんじゃないかなと思うんですよ。だから、今回の作品では、いわゆるカリスマ性のある峯田くんではなく、カリスマ性のいっさいない峯田くんでやって欲しいと思っています。

そこは観る人にとっても新鮮じゃないかと思うし、また「カリスマ的ではない」峯田くんにもすごい魅力があると思うので。だから、今回の舞台を観たら、峯田くんの見え方が変わっちゃうかもしれない(笑)。そんな風に考えています。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます