フォトギャラリー【もっと見る】情緒あふれるアトラクションの数々…!生まれ変わった「西武園ゆうえんち」
  • 【西武園ゆうえんち】「西岡遊技場」
  • 【西武園ゆうえんち】こんなパフォーマンスが目の前で見られる!
  • 【西武園ゆうえんち】宝石のような「ゼリイポンチ」
  • 【西武園ゆうえんち】「夕日丘郵便局」で追加換金もできる
  • 【西武園ゆうえんち】西武園ゆうえんち唯一のローラーコースター

埼玉県所沢市にある「西武園ゆうえんち」が、開業70周年記念事業としてリニューアルし、519日(水)にグランドオープンしました。

1960年代の商店街を再現した「夕日の丘商店街」や、新ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド」、ファミリーエリアの「レッツゴー!レオランド」など、家族3世代で楽しめる遊園地へと生まれ変わった「西武園ゆうえんち」を徹底レポートします!

ゲートをくぐって“昭和30年代”にタイムスリップ!

ゲート前には「長崎電気軌道」から譲渡されたという路面電車を展示。

約100億円をかけてリニューアル工事が行われたという「西武園ゆうえんち」は、ゲートをくぐると活気・元気・熱気がほとばしる 1960 年代の商店街の風景が広がります。

鉄橋型のゲート。

今回の内覧会に参加されたメディアの人たちの年齢層は幅広く、「懐かしいなぁ~」、「これ昔、実家にあったなぁ」などの声や「なんですかコレ?」、「コレどうやって遊ぶんですか?」などの声がチラホラ聞こえて来ました。

商店街の入口。

まぁ私も昭和生まれとはいえど、30年代は知らないのでとっても新鮮。

平成生まれの人は、昭和レトロ博物館に来たような気分で楽しめます。

360度どこを見渡しても昭和の風景が広がる「夕日の丘商店街」

たばこ「やまとや」

今回のリニューアルは、商店街は単に古い町並みの再現ではなく、商店街に生きる人々の息遣いや体温まで感じられるよう、客席と舞台の垣根をなくした一大舞台空間になっています。

30店舗が連なる「夕日の丘商店街」で、「フレンズクルー」によるライブ・パフォーマンスが繰り広げられます。

八百屋さんのたたき売り!
紙芝居屋さんがシソンヌのじろうに似てるので更に笑えた
喫茶「ビクトリヤ」の看板娘の”薫ちゃん”

パフォーマンスは、タイムスケジュールがあるわけではなく、突然始まります。

例えば「泥棒~~~!!」という声が聞こえたかと思えば、お巡りさんがホイッスルを鳴らして泥棒を追いかけます。

こんなパフォーマンスが目の前で見られる!

建物の2階から吊るされたロープから降りてきたり、投げ飛ばされたりするのを至近距離で見ることができるので、大人も子どもも大興奮!お巡りさんを応援して楽しみましょう!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます