宮澤佐江

--さあ、佐江ちゃん。今回もよろしくお願いします。

よろしくお願いします!

--いよいよ初日が2/1(土)に迫った、佐江ちゃん出演の舞台『ウエスト・サイド・ストーリー Season2』。今回はこのお話を中心に、お聞きしていきます。

はい、ありがとうございます。

--お稽古はすでに12月初旬から始まっているとのこと。手応えはどうですか?

うまく言えないんだけど、『ウエスト・サイド・ストーリー』については、これまでのどの作品とも違う、何というのかな、「すごさ」のようなものを感じています。

もちろん、今までやってきたどの舞台、どのミュージカルも「魂」を込めて、ていねいに作ってきました。どれひとつをとっても、手を抜いた作品なんてなかったけれど。でも、『ウエスト・サイド・ストーリー』は、

「幕が上がったとき、はたして自分は本当に踊れているんだろうか」

っていう、今までにない不安を感じています。それくらいダンスが激しい作品なんです。現状では、全然上手に踊れていなくて、不安がいっぱいあるんです。(編集部註:取材日は2019/12/25)

でもその「不安」は今までとは違って、「お芝居や、歌がうまくできるかどうか」っていう不安ではないんです。

私が今まで出演してきた作品は、「ダンスをみせるミュージカル」って、あまりなかったと思うんです。『ピーターパン』では少し、『TOKYO TRIBE』でも、ダンスはあったとはいえ、自分の経験から踊れた作品だったんです。

でも、『ウエスト・サイド・ストーリー』のアニータ役では、これまで自分が経験してこなかったジャンルのダンスを期待されていて。それだけに、「練習したらできるようになるのか」不安になってしまって。

でも、だからこそ、年明けすぐのこの作品を、「2020年以降の<女優>の自分につながる作品にしたい」っていう思いがすごくあるんです。

(ひと言、ひと言に思いを込めるように話す、佐江ちゃん)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー