これから暑い夏を迎えるにあたり、赤ちゃんのお出かけ準備は万全でしょうか。

暑さ対策グッズは色々とありますが、ベビーカー自体に涼しい工夫がされているピジョンのファン一体型ベビーカー「Bingle Fan+」が予約販売を開始しています。

ベビーカーに乗っている赤ちゃんは大人より高温環境にいる!

赤ちゃんは大人よりも高温の環境にいます!

環境省の「熱中症環境保健マニュアル2018年」によると、身長150cmの大人が32度の外気温にいる時、50cmのベビーカーの高さでは35度を超えているといいます。

これは、ベビーカーの方が地面に近く、太陽の照り返しを受けて温度が高くなるためです。大人が暑いと感じている時は、ベビーカーに乗っている赤ちゃんはさらに高温の環境にいると考えられます。

また、ベビーカーに乗っている赤ちゃんの背中は、シートと密着することで熱がこもり、汗をかきやすいため、ムレて不快になってしまいます。

そのため、ピジョンは赤ちゃんの背中部分にこもった熱と湿気を取り除くことに着目。ファンが付いたベビーカーが誕生しました。

Bingle Fan+とは

「Bingle Fan+」は、シート部分に風をつくる「ウインドファン」を搭載し、風を通す「エアメッシュシート」を採用したピジョン独自の「クーリング構造」の背面式ベビーカー。

不快な背中に風を通すことで熱と湿気を取り除き、暑い季節も赤ちゃんが快適に乗ることができます。

風をつくる「ウインドファン」

ウインドファンで熱や湿気を吸い取ります。

シートの背面に吸引式ファンを搭載し、赤ちゃんの背中とインナーシートの間にこもる熱や湿気を吸い上げ、外へ逃がします。

使用環境に合わせてファンの強さは3段階で調整可能。

秋冬など、ファンを使用しない時には、ファンユニットバッグを取り外せば、ベビーカーを軽くして使用することもできます。

風を通す「エアメッシュシート」

「エアメッシュシート」と「メッシュベースシート」の2層構造

空気をファンへ集める設計を施した背もたれ部分には、「エアメッシュシート」と「メッシュベースシート」の2層構造になっています。

「エアメッシュシート」の背面中材に採用されている「NEO3D(R)」は、繊維が網状に絡み合った構造により90%以上が空気の隙間で構成されているので、ファンが作った風を効果的に通します。

座面には帝人フロンティア社の素材である通気性・透湿性に優れた高機能綿「エルク(R)」が採用されています。

この熱や湿気を吸い上げるウインドファンと通気性や透湿性に優れた「エアメッシュシート」と「メッシュベースシート」が、赤ちゃんの快適な夏のお出かけを実現してくれます。

対象月齢は、生後7ヵ月~36ヵ月で体重15kg以下。ベビーカーの重さは、4.7kg(ファンユニットバック装備時)、4.0㎏(ファンユニットバック非装着時)です。

価格は59,998円(税込)です。発売日は2020年7月17日(金)で、現在、ピジョン公式オンラインショップピジョン公式オンラインショップ楽天市場店で予約販売が始まっています。

これからのお出かけは、熱中症対策をしっかりしていきたいものですが、ベビーカー自体を涼しくするという発想が新しいですね。

自分の状況を伝えるのが難しい赤ちゃんを暑さや熱中症から守る為、ファン一体型ベビーカー「Bingle Fan +」の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

商品名:Bingle Fan +(ビングルファンプラス)
カラー:Breeze blue (ブリーズブルー)
価格:59,998円 (税込)
発売日:2020年7月17日(金)
タイプ:背面式
リクライニング角度:110度~135度
対象月齢:生後7ヵ月~36ヵ月(体重:15kg以下)
重量:4.7kg(ファンユニットバック装備時)、4.0㎏(ファンユニットバック非装着時)

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子はボウズ2人。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます