宮澤佐江
フォトギャラリー【本文未掲載分もあります】「ミラチャイ☆」連載 第28回

--さあ、佐江ちゃん。今回もよろしくお願いします。今回は、前半で12/1(火)に、日本武道館で開催されるステージ『Act Against Anything VOL.1「THE VARIETY 27」』について。後半では、待望の「宮澤佐江2021年カレンダー」についても、お聞きしていきます! よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

--さて、『Act Against Anything』について、このプロジェクトは、「地球ゴージャス」の岸谷五朗さんと、寺脇康文さんが中心となって、支援が必要な世界の子どもたちのために開催される「チャリティプロジェクト」だそうですね。

はい、そうなんです。元々、ボランティア活動や、誰かの力になれることがすごく好きなので、今回出演が叶って、本当に嬉しいです。

--1993年から2018年までは『Act Against AIDS 「THE VARIETY」』として、チャリティーコンサートが開催されてきた、とても歴史の長いプロジェクトでもあるそうですね。

私も観客として観に行ったことがあって、ずっと出たかったプロジェクトです。

この企画の主旨はすごく素敵だと思うし、一番はやっぱり、大好きな地球ゴージャスのおふたりが、先陣を切って毎年やられていたものだったので、「いつか出たいな」って、ずっと思っていたんです。

--今年は、12/1(火)に日本武道館のステージに、佐江ちゃんも出演者のひとりとしてステージに立つことになって。またひとつ、願いが叶いましたね。

そうですね。実は、過去に何回か出られそうな時もあったんです。でも、たまたまタイミングが合わなくて。2017年に、寺さんと『朝陽の中で微笑んで』の舞台を一緒にやっていた時です。

その年の『Act Against AIDS』 に「佐江ちゃんを呼ぼうか」って、名前を挙げていただいたんですが、寺さんがすごく気を使って下さって、

「佐江ちゃん、今すごい役をやっている最中で、本当にがんばっているから、そんなキツい思いをさせなくていいよ」

って、言って下さって。その年は出演しなかったんです。その後も出演は叶わなかったけれど、ありがたいことに名前はよく挙げていただいていたんです。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー