乳首は大概切れるから! 出産入院のマストアイテム

#9話でも紹介しましたが、先人たちの教えであるマイナートラブルは多分、大概体験するモノのようです。

であれば、私のようにあわよくば回避できるかも、なんて淡い期待はせずに「転ばぬ先の杖」を用意するコトを全力でオススメします(笑)。

というコトで、乳頭ケアのマストアイテムとしてオススメしたいのが、メデラの「ピュアレーン 100」。

授乳は1日に何度も行うモノなので、手間が増えるとストレスも感じやすくなるもの。授乳をしたら保護クリームを塗って、次の授乳前には入念にそのクリームを拭き取って、なんて手間はできれば避けたいですよね。

その点、このアイテムは拭き取らずにそのまま授乳できるのが良き。

乳首が切れる原因の一つは、赤ちゃんの唾液で濡れて、乾く時に乾燥するからだそうなので、最初から授乳終わりにクリームを塗る習慣をつけると、もしかしたら、乳首が切れるのを回避できるかもしれないですし!(またしても淡い期待してるし 笑)。

ちなみにこのアイテム、もし使い切れなかったとしても、ハンドクリームやベビー用リップクリームとしても使えます。少量で良く伸びるから、別用途も含めてガンガン使う予定がない人は、ひとまず小さいパッケージのモノを1本買っておくと良いかもですね。

ただ、授乳初期に使い切れなくても、後半になって乳首を噛まれて負傷する可能性があるので、卒乳するまではキープしておくコトをオススメします。

ところで「乳首が切れる」ってどういう状況?

マンガでも「乳首とれる…」とうめいていますが、乳首の根元が細かく裂けます。ええ。もう聞いただけで痛い…。

クリームを塗っておくと、授乳以外の時間、布と擦れて感じる痛みが軽減されました。授乳中の痛みも少しですが、和らいだ気がします。授乳中はぶっちゃけ「気がする」程度ですが。

結局私は傷がいえるまでガマンで乗り切ってしまいましたが、授乳中の乳頭を守りつつ赤ちゃんの吸てつをサポートする「ニップルシールド」なるアイテムもあるので、気になる人はぜひチェックを。

もはや授乳の予定はないけど、多少の母乳漏れも吸収してくれるという「ハイドロジェルパッド」も気になる…ちょっと高いけど…(笑)。

新生児育児中は心の余裕がなくて、便利グッズを買う気力が出なかったりする場合もあるかと思います。何かと物入りなので、無駄のない買い物を…なんても思いますが、自分のケアアイテムは正直使ってみないと自分に合うかどうかはわからないモノです。

もしかしたら無駄になっちゃうかもしれないけど、どの道、使ってみないとわからないなら、産前、心の余裕のある時に便利グッズをチェックしておいて(なんならもう買っちゃって)困った時に大放出すると楽しいかもしれませんよ。

もし、「乳首とれる…」と泣いている時に、ダンナが「あるよ」なんておもむろにハイドロジェルパッドを差し出してくれたら惚れる自信があるので(笑)、パートナーの方がこっそりプレゼントとして用意しておくのも楽しいかも。

ちょっとの間でも、痛みは続くとメンタル削られるので、自分を上手に甘やかすのがハッピーに乗り切るコツだと思います。

いろいろな状況が一瞬で過ぎ去る時期なので、できる範囲で楽しんで過ごせますように!

フォトギャラリーヒッ!いきなりは辛い…展開を漫画で読む

横浜を愛する母ちゃんライター&エディター。エンタメ、レジャー、ビューティ、ウエディングに終活まで、幅広いジャンルの編集を手がけ、出産を機にライター業もスタート。活字中毒で、歴25年を超えるLUNA SEAのSLAVE(Jスレ)。趣味は、神輿やハーレー(ダンナの後ろ)、家庭菜園など。Instagram 

「ハピママ*」更新情報が受け取れます
バックナンバー