撮影:Kosuke Ito

<小説を音楽にするユニット>YOASOBIが、結成から2年を迎えた12月4、5日に日本武道館で「NICE TO MEET YOU」を開催した。

今年3月、『ぴあMUSIC COMPLEX(PMC)Vol.19』にて表紙を飾り、新宿・ミラノ座跡地の工事現場で開催した初のオンラインワンマンライブ「YOASOBI 1st LIVE 『KEEP OUT THEATER』」についてAyase(コンポーザー)とikura(ボーカル)に語ってもらったが、今回は初の有観客であり、日本武道館という大きな舞台でのライブだ。

フォトギャラリー【YOASOBI】『NICE TO MEET YOU』のライブ写真を見る

エモーショナルな魅力が可視化されたライブ

撮影:Kosuke Ito

会場に入って驚いたのは、アリーナ一面を使った36mにわたる巨大ステージ。360度、死角なしのステージ中央にバンドの楽器がたたずんでいる。まずこの光景からワクワク感があって、早くから詰めかけた観客のテンションも上がっている。

そして場内が暗転してSEが鳴り響くと、そのワクワクが爆発。大きな拍手や手拍子に迎えられ、バンドメンバーの仄雲(Dr)、やまもとひかる(B & Cho)、AssH(G)、ミソハギザクロ(Key & Cho)、そしてAyase、ikuraが登場した。

公演両日で衣装が代わり、本レポートの5日の公演では、ふたりの衣装はとてもポップでカラフルでステージに映える。

撮影:Kosuke Ito

6人が位置につき、すっと差したピンスポットに会場が静まると、ikuraは大きく息を吸い込んで「あの夢をなぞって」のアカペラをスタート。たっぷりと一節を歌い上げると「初めまして! YOASOBIです。よろしくお願いします」(ikura)の声を合図に演奏が高鳴り、ステージ一面がグラフィカルな光りを放った。このステージ床面は合計1682枚のLEDパネルになっているという。

続く「大正浪漫」では和のモチーフが映し出されて、ライティングとともにスピード感のあるアンサンブルにまばゆさを増し、「ハルジオン」のグルーブへとつないでいく。

前半のクライマックスは「三原色」。「ここからは手拍子で参加してもらいます」というikuraの声とともに、軽やかな手拍子が会場に響きわたると、それに乗って赤・青・緑の光の三原色によるレーザーとLEDの演出がラテンのビートを一段と華やかに彩った。

ステージはメンバーそれぞれが立つ面が可動式になっており、最高4.4mの高さに上昇する。ダイナミックな魅せるステージで、曲が進むごとに観客の歓喜が湧き上がるのを感じる。YOASOBIが奏でる音楽の鮮やかでエモーショナルな魅力が可視化されたライブだ。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます