©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演、土屋太鳳がヒロインを務める映画『大怪獣のあとしまつ』が2022年2月4日(金)より公開となる。

この度、首相直属の戦闘部隊であり、科学・戦闘のエキスパートである特務隊に所属する帯刀アラタ(山田)がバイクに跨る新場面写真が公開された。

今まで誰も見たことのない“空想特撮エンタテインメント”

暴れ狂う大怪獣に、逃げ惑う人々。突如、ヒーローが現れて世界を救うーー。それは、子供の頃に誰もが憧れた、特撮映画でお決まりの展開。

しかし、倒された怪獣の死体処理は、果たしてどうなっていたのか?『大怪獣のあとしまつ』は、そんな「誰もが知る “巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語」を史上初めて描いた映画だ。

監督・脚本を担当するのはドラマ『時効警察』シリーズなどで知られる三木聡。怪獣造形を「平成ゴジラ」シリーズや『ウルトラマン』シリーズなどで知られる若狭新一が手がける、今まで誰も見たことのない“空想特撮エンタテインメント”にふさわしい最強タッグが実現した。

自分自身がブレちゃいけないと思うことは常日頃ある

©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

国民の運命を懸けて大怪獣の死体処理の責任者に任命された特務隊・一等特尉の帯刀アラタ。アラタは“ブレない圧倒的ヒーロー!”と分析する山田は、アラタのヒーロー感を引き立たせるためにバイクは抜群に効果的なアイテムだったと語る。

時間をかけて作り込まれたアラタの大型バイクデザインは、HondaのNM4-01バイクをベースに、カウルを大きく変えた近未来的バイク。

”世界一過酷なモータースポーツ競技”とも言われる“ダカールラリー”をするダカールライダー・風間晋之介がブレーンで参加し、三木監督を交えてこだわったアイテムだ。

©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

山田は「普段バイクを乗ることはないし、跨ったこともないんですけど、バイクって乗るのが大変ですね。しかもこの特装バイクは幅が大きい。初めてこのバイクを目にしたときは男の子として『かっけぇ!』と嬉しくなりました」と告白。

“ヒーロー”アラタというキャラクターの内面については「絶対に信念を曲げない男。曲がらずブレない男を目指していました。自分はグループをやっていて自分自身がブレちゃいけないと思うことは常日頃あるので、共感しやすかったですし、入り込みやすかった」としてから、

「アラタは精神的に大人な役。僕自身あまりそういう役がなかったので、新しい自分自身を表現できたかなと思っています」と振り返った。

©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

解禁された場面写真にも写る特務隊のヘルメットは、シンボルマークの十握剣がデザインされており、走り出すと透明のシールドが電気的にスモークになるギミックをVFXの処理で付けるという特別仕様。

こだわりのアイテムにも注目しつつ、今までのイメージを覆す山田の男気溢れる圧倒的ヒーロー姿をお見逃しなく。

映画『大怪獣のあとしまつ』は2月4日(金)公開。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます