子どもを持つ読者の方で、「ジュニアNISA」口座を開設している方はどれほどいらっしゃるでしょうか?

2023年12月で制度が廃止となり、2024年からは新制度のNISAに一般化されます。この機会に制度をおさらいして、パワフルに生まれ変わる新NISAをフル活用できるように備えましょう。

ジュニアNISA廃止まで、あと半年!

2016年から始まったジュニアNISA。未成年の方が1人1口座、年間80万円を上限として、株式などに非課税の投資ができる制度です。ただし、口座を持つ方が18歳になるまでは、自由に口座内のお金を引き出せないという制限もあります。

筆者は制度開始と同時に三人の子どもの投資口座を開設し、可能な限り投資枠を使ってきたのですが、残念ながら今年2023年いっぱいで制度の廃止が決定しています。

日本証券業協会の調査によれば、2023年3月末現在のジュニアNISA口座数は814,643口座。日本における現在の18歳未満人口が約1800万人とすると、約4.5%。22人に1人が口座を開設している計算です。

「家庭内ジュニアNISA口座開設率100%」の筆者としてはこの時点でも少し悲しいものがありますが、それに加えて「2020年度に制度廃止が決定し、口座内のお金を引き出すことに制限がなくなったために使い勝手がよくなり、口座数が急増した」という皮肉な事情も加味すると、ジュニアNISAという制度は本当に一般の方には受け入れられず、金融庁としては極めて残念な結果に終わったのだなと推察されます。

2020年から2021年にかけ、急増しているのが見て取れます。それにしても、かなり残念な口座数だと筆者は思います。個人的にはもっともっと広がってほしかったし、それだけのポテンシャルがある制度だったと思うのですが…。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます