家にこもる日々が続き、身体がなまっている…。トレーニングできなくて、筋肉が落ちてきた…。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う、外出自粛要請の影響を受けて、そんな風に感じている方は少なくないのでは?

「プロレスラー」も同じ思いをしています。試合の多くが中止になり、いつ再開できるのか見込みが立っていない状況。トレーニングのために、ジムに通うことすらできません。

それでも鍛え上げた肉体を維持するため、プロレスラーは自宅でトレーニングを続けています。そこで今回特別にレスラーの皆さんに「 #レスラーうちトレ 」を3種類、写真と動画で紹介していただくことに。

毎回ひとりずつ登場していただき、外出自粛でトレーニングに行けない「ウレぴあ総研」読者やファン向けに、ビギナーでも挑戦しやすい、簡単なトレーニングを教えていただきます!

大日本プロレスの吉野達彦選手からバトンを受け取り、第6回目で登場するのは全日本プロレスなどに参戦するフリーのプロレスラー、KAI選手(Twitter:@kai0222)です。

#レスラーうちトレ その1 ノーマルプッシュアップ

やり方

1.腕を肩幅+拳2つ分程度開いて床に付く

2.足を伸ばし、つま先を床に付けて、腕とつま先で体を支える。このとき頭から踵(かかと)までが一直線になるようにする(こうすることで腹筋にも効く)

3.脇を締めた状態で肘を曲げて、胸を地面に近づける

※10回×3セットくらいから始めるのがおすすめ
※2〜3ができない場合は膝を付いた状態で腕立て伏せを行う

鍛えられる部位

大胸筋、腹筋、腕

やってみた感想

自然とお腹にも力が入り、胸や腕だけではなく、お腹周りも鍛えられるような気がします。もはや一石三鳥? 四鳥? KAI選手によると「脇を完全に閉じて下ろしたとき、肘の角度が直角になると、もっとキツくなりますよ!」とのこと。

#レスラーうちトレ その2 リバースクランチレッグレイズ

「仰向けになって、膝を曲げた状態でお尻を上げる“リバースクランチ”と、膝を伸ばして足をまっすぐ上げる“レッグレイズ”を続けて行うトレーニングです。

リバースクランチは“腹直筋”という、お腹の中央にある縦に長い筋肉の下部を鍛える動き。レッグレイズは腹直筋の上部を鍛える動きです」(KAI選手、以下同)

やり方

1.床に仰向けになる

2.両足をぴったり揃えたまま、膝を直角に曲げる

3.2の状態からお尻を上げて、膝を胸に近づけるようにする(=リバースクランチ)

4.息を吐きながら膝を伸ばして、足を天井へ向けてまっすぐ伸ばす(=レッグレイズ)

5.息を吸いながら1の状態に両足を下ろす。ただし、足は床から少し浮かせたままにする

※10回×3セットくらいから始めるのがおすすめ

鍛えられる部位

お腹

やってみた感想

お腹が硬くなります。「リバースクランチをするとき、より負荷をかけたい場合は、頭を上げておくと良いでしょう」とKAI選手。1の状態から、おへそを覗き込むような感覚で頭を上げておくと、確かによりハードに!