コロナ禍において、自宅にいる時間が増えた人も多いのではないでしょうか。

居ながらにして、手軽にできるのがセルフケアの数々。なかでもバラエティ豊かな美容グッズが揃うのがダイソーなんです。

ダイソーオリジナルの美容グッズを始めとして、品ぞろえは100円ショップの中でもトップクラス。今回は、ダイソーで見つけた美容グッズを、ご紹介します。

「ダイソー」で買える!値段以上の「美容グッズ」6選

シートマスクの効果がアップ「潤いシリコーンマスク3D

「潤いシリコーンマスク3D」「潤いシリコーンマスク3D」

こちらは、シートマスクの上につけるタイプのフェイスマスク「潤いシリコーンマスク3D」。使い捨てではなく、何度も使えるのでコスパ面でも優秀です。

顔にぴたっと密着する立体構造で、シートパックの浸透がより一層感じられます。

鼻や口の部分は空いているので、息苦しさは感じません。シリコンのひんやりとした感触は、お風呂上がりのリラックスタイム以外にも、仕事中のブレイクタイムにもリフレッシュできそうです。

マスクの下の小顔を目指すなら「フェイストレーナー」

「フェイストレーナー」

マスクに隠れてしまう口元ですが、より一層の古賀を効果を狙うのなら「フェイストレーナー」がお薦め。

使い方は簡単で、口元にはめるだけで、トレーニングになります。フェイストレーナーをはめたまま、「うー」と声を出せば、より一層負荷がかかりトレーニング効果もアップします。

持ち運びも便利なコンパクトサイズ。

自宅なら、したままでも仕事や家事もできそうです。ほんの100円と思うと、やってみる価値のあるトレーニンググッズです。

すぐ手に取れる場所に置いておいて「かっさ」

「かっさ」

「かっさ」は、顔のラインに沿ってかっさを動かすだけでフェイシャルケアができるアイテム。

突起があるカーブAと、緩やかなカーブのBと頬や目元と使い分けてみてください。心地よい刺激のおかげで、手でやるだけよりもマッサージ効果が期待できます。

コリをほぐすのにも使えそうです。

手元に置いておけば、テレビを見ながらなど“ついでケア”ができるのが嬉しい。またコンパクトなので、お泊りや、銭湯や温泉などにも持っていけます。

この気軽さが、100円ショップの美容グッズの魅力です。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます