COCOON PRODUCTION 2020『フリムンシスターズ』COCOON PRODUCTION 2020『フリムンシスターズ』 撮影:細野晋司
フォトギャラリー『フリムンシスターズ』の写真をもっと見る
  • COCOON PRODUCTION 2020『フリムンシスターズ』キャストビジュアル
  • COCOON PRODUCTION 2020『フリムンシスターズ』
  • COCOON PRODUCTION 2020『フリムンシスターズ』
  • COCOON PRODUCTION 2020『フリムンシスターズ』
  • COCOON PRODUCTION 2020『フリムンシスターズ』

長澤まさみ、阿部サダヲら個性派キャストが競演

10月24日〜11月23日(月・祝)Bunkamura シアターコクーンにて上演される、COCOON PRODUCTION 2020『フリムンシスターズ』が初日を迎えた(大阪公演:11月28日(土)〜12月6日(日)オリックス劇場)。

本作は2000年のミュージカル『キレイ - 神様と待ち合わせした女 -』でシアターコクーンに登場をして以降、シアターコクーンで人間の弱く繊細な部分をむき出しに描いた作品をコンスタントに発表してきた松尾スズキが、シアターコクーン芸術監督に就任後初の書下ろしとなる新作ミュージカル。

シアターコクーンに初登場となる長澤まさみをはじめ、秋山菜津子、皆川猿時、栗原類、オクイシュージに、村杉蝉之介、 池津祥子、猫背椿、笠松はる、片岡正二郎、そして大人計画の看板俳優・阿部サダヲなど個性豊かなキャストが出演する。

記念すべき初日の舞台には、暗転と同時に銅鑼の音が響き、ドラッグクイーン姿の皆川が登場。皆川演じる信長が語り部となって物語はスタートする。

COCOON PRODUCTION 2020『フリムンシスターズ』COCOON PRODUCTION 2020『フリムンシスターズ』 撮影:細野晋司

舞台装置が動き、奥から西新宿の小さなコンビニで働くちひろの薄汚れた狭いアバートの一室が現れる。ちひろは無気力で猫背、なぜか無休で働き、時々店長と寝る毎日を過ごしているという不思議な女性。

舞台上には、巨大な白い円錐形状の身体を持つ“バスタオルおじさん”が立ち尽くし、ボートに乗った“黒人”が通り過ぎたりするが、どうやら彼らはちひろにしか見えない存在のよう。

彼女は沖縄のユタ=霊能力者の血が流れており、特殊能力の持ち主なのだ。

さらに、西新宿の少し離れた別の場所には、かつて自分の車で妹をはね、その後別れた夫に娘の親権を取られて心を病んでしまった元・大女優のみつ子と、彼女を“同志”としてサボートするオカマの親友、ヒデヨシがいた。

ふたりはある日偶然、コンビニで店番中のちひろと出会い、その運命を共にすることになる。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます