『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』 ©2021 日本すみっコぐらし協会映画部

全国映画動員ランキングTOP10(11/13-11/14)

11月13日(土)、14日(日)の全国映画動員ランキングが興行通信社から発表されました。

先週のTOP3は1位『エターナルズ』、2位『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』、3位『劇場版 きのう何食べた?』でした。ランキングはどのように変動したのでしょうか? さっそく10位から発表していきます。

フォトギャラリー映画動員ランキングトップ10を画像で見る
  • 『燃えよ剣』
  • 『テン・ゴーカイジャー』
  • 『テン・ゴーカイジャー』
  • 『テン・ゴーカイジャー』
  • 『テン・ゴーカイジャー』

10位『燃えよ剣』

『燃えよ剣』 ©2021「燃えよ剣」製作委員会

公開5週目の『燃えよ剣』は先週8位からダウンするも、累計では観客動員77万人、興行収入10億円を突破しました。

司馬遼太郎による同名小説を『関ヶ原』の原田眞人監督と岡田准一が再タッグを組み映画化。新選組副長・土方歳三を主人公に、近藤勇、沖田総司といった新選組の志士たちの人生と、彼らが生きた激動の時代を描きます。

9位『テン・ゴーカイジャー』

『テン・ゴーカイジャー』 Ⓒ2021 東映ビデオ・東映AG・バンダイ・東映 Ⓒ石森プロ・東映

新作では、『海賊戦隊ゴーカイジャー』から10年後の世界を描く『テン・ゴーカイジャー』が初登場9位にランクインです。

出演は小澤亮太、山田裕貴、市道真央ほか。監督は戦隊シリーズを数多く手がけてきた中澤祥次郎が務めました。

あらすじ:ゴーカイジャーが、地球を守り抜いてから10年が経った。世間では歴代ヒーローたちが公営ギャンブルで“賭け”の対象になり、収益は地球の防衛費になっていた。しかし、運営が唯一コンタクトを取れずにいたゴーカイジャーのマーベラスから、挑戦状が届いた。

8位『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

公開7週目の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は先週9位から順位をあげました。累計では観客動員174万人、興行収入25億円を突破です。

6代目ジェームズ・ボンドとして全5作の主演を務めたダニエル・クレイグ最後の主演作です。

『ボヘミアン・ラプソディ』のフレディ・マーキュリー役でお馴染みのラミ・マレックが悪役で登場します。監督は『ビースト・オブ・ノー・ネーション』のキャリー・ジョージ・フクナガ。

7位『映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!』

『映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!』 ©2021 映画トロピカル~ジュ!プリキュア製作委員会

公開4週目の『映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!』は先週と順位は変わらず。

本作は、毎週日曜日に放送中の“海”と“コスメ”をモチーフにしたシリーズ18作目『トロピカル〜ジュ!プリキュア』の劇場版です。

新女王シャロンのお祝いに出席するため、雪の王国シャンティアを訪れた夏海まなつらが、謎の怪物に挑んでいく姿が描かれます。映画オリジナルキャラクター、シャロンの声を松本まりかが担当しています。

6位『老後の資金がありません!』

『老後の資金がありません!』 ©2020『老後の資金がありません!』製作委員会

公開3週目の『老後の資金がありません!』も先週と順位は変わらず。

垣谷美雨による34万部を突破したベストセラー小説を天海祐希の主演で映画化したヒューマンドラマです。

共演は草笛光子、松重豊、新川優愛ほか。監督は『そして、バトンは渡された』も手がけた前田哲監督。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます