映画『ビリー・アイリッシュ : 世界は少しぼやけている』は6月25日より日本公開。 ©2021 Apple Original Films

ベッドルームから世界へ羽ばたいた音楽の神童、ビリー・アイリッシュ。

音楽界で偉業を達成し続けている彼女の初のドキュメンタリー映画『ビリー・アイリッシュ : 世界は少しぼやけている』が6月25日(金)より日本公開。

ビリーの素顔から得る、前を向くヒントをご紹介します。

フォトギャラリー映画『ビリー・アイリッシュ : 世界は少しぼやけている』の写真をさらに見る

世界的なポップ・スターも普通の女の子だった

史上最年少の18歳で、デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が「第62回グラミー賞」で5冠、「第63回グラミー賞」でも史上最年少の19歳で「年間最優秀レコード賞」を2年連続で受賞、1億3700 万人ものSNS フォロワーを獲得するなど、世界中で脚光を浴び続けている米国ロサンゼルス在住のシンガー・ソングライター、ビリー・アイリッシュ。

もともとは自宅のベッドルームで曲を書き上げていたビリーが、いかにして世界的なポップ・スターになっていったのか。2021年6月25日(金)日本公開となる、初のドキュメンタリー映画『ビリー・アイリッシュ : 世界は少しぼやけている』では、プライベートでの様子も含め、ビリーの成功への軌跡が赤裸々に映し出されています。

映画に記録されたビリーからは、自分を信じること、家族の大切さなどが伝わります。そこで、ビリーの姿から、わたしたちが前を向くヒントをお届けしましょう。

ビリー・アイリッシュの活動に見る、前向きに生きるヒント

©2021 Apple Original Films

1. 今、できることをやる

映画には、ビリーの幼少期の貴重な映像から、レコーディング、 デビュー時のフォトセッション、家族の団欒などもおさめられています。音楽プロデューサーを務める兄のフィニアス・オコネルと、自宅のベッドルームで楽しそうにレコーディングをするビリー。

昔は映画『アイアンマン』(2008年)などに出演した俳優だった父のパトリック・オコネルは、ビリーにピアノとウクレレを、女優や脚本家としての活動歴もある母のマギー・ベアードは、ビリーに曲作りを教えるなど、ビリーは音楽に包まれた環境に育ちました。

©2021 Apple Original Films

ビリーは、2001年12月18日生まれの、現在19歳。いまや世界的なポップ・スターとなったとはいえ、まだティーンエイジャーで、ただでさえ多感な思春期の頃は、人生への悩みも葛藤も抱えやすい年頃です。

デビュー以降、目まぐるしく変わっていく環境が待ち受けていたものの、家族といるときはありのままの自分でいられるビリー。

誰だって、最初からスーパースターとして生まれてくるわけではありません。ビリーだって、ごく普通の女の子でした。落ち込むこともあれば、ハッピーになることだってある。

誰もがそうやって葛藤を乗り越え、今できることをやること、前を向いて歩くことが大事だと、映画は教えてくれます。

2. できるかどうか心配するよりも、まずは、やってみる

©2021 Apple Original Films

映画の予告編で、ビリーがグラミー賞を受賞した際「アルバムは実家の寝室で作った」と裏話を話し、「不可能なことなんてない」とコメントする場面があります。

家というごくパーソナルな空間から、世界的な大ヒットとなる作品を作り上げたという、事実。ビリーの言葉には、説得力がありますよね。

わたしたちも、生きていると時に進路や転職、結婚や引っ越しなど、何かを選択するときに悩むこともあります。でも、何かをやる前からできるかどうか心配するよりも、まずは、やってみる。

それがたとえ小さな一歩だとしても、結果としてビリーのように大きな一歩になることもあるのですから。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます