【フィーチャレット特別動画】ハリウッドスタッフが明かす作品の魅力

日本・海外の著名人からコメント

本作に寄せて、日本、海外から、本作へのコメントが寄せられた。

■アミール・ナデリ(映画監督、『CUT』『山(モンテ)』)

「非常に繊細な主題を誠実に描いた作品です。優れた演出で作られ、観客は、1945年の世界に引き込まれて行き、歴史を体験することになります。今日の日本の若い方にぜひ見ていただきたい一作です」

■べリーナ・ハス・ヒューストン(作家、南カリフォルニア大学演劇学部特別教授)

「家族、自国への忠誠、そして善悪に関する己の倫理観への懸念を抱えながらも、ー原子分裂ーという科学者としての目標にむかい懸命に努力する主人公を通じ、人間の普遍的な複雑さを描く作品となっている。愛国心、良心、そして人としての思いやりを探求する感動的な作品である。」

■岩井俊二

「マンハッタン計画を余すところなく描いた『シャドー・メーカーズ』。戦闘機開発を描いた『風立ちぬ』。『太陽の子』はその同一線上にある作品だ。新兵器開発に挑む科学者、技術者たちの物語。本作においてその研究は失敗に終わる。この挫折には思わず安堵せずにはいられない。主人公たちのその後の人生の平穏なることを祈らずにはいられない。 」

■兼重淳(映画監督、『キセキ ―あの日のソビトー』『泣くな赤鬼』)

「イカロスは密猟で手に入れた鳥の羽根を蝋で固め、アポロンに近づこうと空を飛んだ。だが、太陽に近付き過ぎたため翼が溶け、海に堕ちて死んでしまった。人類が手にしてはいけない力がある。修の見た廣島の惨状が正にそれだった。」

■北村龍平(映画監督、『あずみ』『ルパン三世』)

「あたりまえの日常が、不条理に奪われた時代。 過酷な時代を懸命に生きる三人の若者それぞれの選択。 あたりまえがあたりまえでなくなった今この時代だからこそ、深く胸を刺す。」

■城定秀夫(映画監督、『アルプススタンドのはしの方』『猫侍』)

「戦争の狂気にのまれ、善悪の彼岸で蠢く科学者たちの業。核分裂の末に迎えた闇を、それでも照らす青春のきらめき。泣いた。」

■深川栄洋(映画監督、『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』『神様のカルテ』シリーズ)

「柳楽優弥は緑色の光を放っている。彼のエネルギーが尽き果てないように。」

■前田弘二(映画監督、『まともじゃないのは君も一緒』『婚前特急』)

「〈日本のために〉〈世界のために〉と信じ、突き進んでいく者たちの純粋な眼差し。果たして、何が正しいのか。自分の在り方に苦悩する彼らの姿に、胸が締め付けられました。そんな中、世津のある台詞があたたかくて、涙が出ました。その言葉は、正しいと思いました。」

また、その他の著名人コメントもこの度あわせて公開された。※五十音順

■赤ペン瀧川/映画プレゼンター

この映画に込められた想いをしっかりと受け止めなければいけない。
未来を見つめて歩き出す勇気を与えてくれる映画だと思います。
この映画に出会えて良かった!

■東ちづる(俳優・一般社団法人Get in touch代表)

過去を知る映画だと思っていたら、今と向き合う映画だった!
今を生きる自分はどうしたいのか、どう生き抜くのか、マスクを濡らしながら考えた。
大人にも、大人になる君にも、ぜひ観てほしい!

■いとうまい子 (女優・研究者)

研究者の多くは主人公の修と同じようにとてもピュアな心を持ち、未来に向かって研究を続けていますが、ふとした事をきっかけに思いもよらぬ方向へ突き進む事もある。青春とは。人生とは。色々と考えさせられました。

■SYO (映画ライター)

あの年、あの場所で生きていた人々がいた。映画の中で、生き抜いた役者たちがいた。
70余年のときを越えて、つながった魂の結晶。 この映画の価値は、いまだけではなく永遠(とわ)なのだと思う。
新たなる、不朽の名作が誕生した。

■高田亮(脚本家「そこのみにて光り輝く」「まともじゃないのは君も一緒」)

勝ちと負け、善と悪、理論と実証、自己犠牲、精神論、戦争の終結、未来への希望、それら全てを超越する科学者のサガ。
青春の季節を、自らのサガに奪われていく青年の表情の移り変わりがひたすらに素晴らしい。

■奈良橋陽子(作詞家・演出家・映画監督・キャスティングディレクター)

黒崎監督は、柳楽優弥さんから最高のパフォーマンスの1つを引き出した。彼に適したこの役で、柳楽さんの純粋さが輝いている。
この作品は多くの人が知り得てないであろう実話に基づいており、私たちは社会的、そして国際的な観点からもこの話を知る責任がある。

■古川隆久(日本大学文理学部教授(日本近現代史))

敗戦という歴史的極限状況の中で、生や真理といった永遠なるものに思いを馳せる人びと。
こうした矛盾が静謐の中で共存する2時間は、自分や人類社会の過去と未来に思いを馳せる得がたい2時間になるだろう。

■真木太郎 (プロデューサー「この世界の片隅に」)

戦時下という非日常のなかの日常。しかも大事な大事な青春期。だからこそ感じて欲しい日常の大切さ。
そうでないと3人の主人公が報われない。ぜひ3人に寄り添ってください。

■松崎健夫(映画評論家)

光は人生を照らすが、分け隔てなく平等なわけではない。光があれば、必ず影もあるからだ。光が集まると熱を帯びる。
熱は人々の善悪を揺らしながら瓦解させ、再び照らす光となる。そんな循環の中で、私たちは不条理と向き合い生きている。

■安田菜津紀(NPO法人Dialogue for People副代表/フォトジャーナリスト)

科学には「力」がある。それは時に、人の営みを根こそぎ奪うほどの威力を持つ。
権力者たちは、その「力」を手にしようと躍起になり、その陰で翻弄され続ける人々がいる。
この映画に描かれていることは、「過去」の話ではない。

■柳澤秀夫(ジャーナリスト)

抗うことができない現実に押し潰されながらも、未来を信じ生き抜こうとする若者たち。
その姿はあまりに切なくも愛おしい。戦後76年。戦争の実相が霞みがちな今を生きる私たちが何をなすべきか? 鋭く問いかけてくる。

映画 太陽の子
2021年8月6日(金)より全国公開

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます