Photo by Kosuke Ito

「2年ぶりのパンパンのお客さんです。まだ、完全復活とは言えないけれど、King Gnuはつなぎとめてここまでやってきた!」(Vo&Key井口理)。

12月15日、King Gnuがアリーナツアー「King Gnu Live Tour 2021 AW」のファイナル公演を国立代々木競技場第一体育館(以下、代々木第一体育館)にて開催した。

フォトギャラリー【King Gnu】『Live Tour 2021 AW』のライブ写真を見る

スタジアム級ロックバンドの分厚いバンドサウンドで魅了

新型コロナウイルス対策における行動規制緩和により、大規模イベントへの参加人数の上限が撤廃された流れもあり、この日会場に集まったのは満席の約11000人。声援をあげられないという制限は引き続き、感染症対策に細心の注意を払いつつ、確かな熱気で満ちていた。

メンバーもそうだが、やっとここまできたという思いは、誰もが感じていたのではないだろうか。埋め尽くされた客席に向け、常田大希(G&Vo)、勢喜遊(Dr&Sampler)、新井和輝(Ba)、井口理の4人は、それぞれ圧倒的な存在感を放ち、スタジアム級ロックバンドの分厚いバンドサウンドで魅了した。

代々木第一体育館というと、2020年3月、大ヒットアルバム『CEREMONY』を携えた全国ツアー「King Gnu Live Tour 2020“CEREMONY”」の東京公演、およびKing Gnuにとって関東圏初の単独アリーナ公演として用意していた会場である。

本来であれば、1964年東京オリンピックに備えて建てられた代々木第一体育館で、オリンピックイヤーである2020年に、聖火のごとく燃え上がるような舞台で“CEREMONY”を行う予定だったが、コロナの影響にてツアーごと中止に。

King Gnuは、同ツアーのリベンジを、2020年秋のアリーナツアー「King Gnu Live Tour 2020 AW“CEREMONY”」で果たした。

東京オリンピックのために建てられた日本武道館でも、その炎を燃えあがらせたのである。誰もがコロナウイルスに振り回され、一進一退の状況のなか、コロナ後初の有観客ツアーを1日も欠けることなく成功させた。それが、ちょうど1年前のことだった。

Photo by Tomoyuki Kawakami
Photo by Kosuke Ito
「ぴあWEB」更新情報が受け取れます