『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 ©2021 CTMG. ©&TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

全国映画動員ランキングTOP10(1/8-1/9)

1月8日(土)、9日(日)の全国映画動員ランキングが発表されました。

先週のTOP3は1位『劇場版 呪術廻戦 0』、2位『99.9 -刑事専門弁護士- THE MOVIE』、3位『マトリックス レザレクションズ』でした。

ランキングはどのように変動したのでしょうか? さっそく10位から発表していきます。

フォトギャラリー映画動員ランキングトップ10を画像で見る
  • 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』
  • 『日本語劇場版 サンダーバード55/GOGO』
  • 『日本語劇場版 サンダーバード55/GOGO』
  • 『日本語劇場版 サンダーバード55/GOGO』
  • 『日本語劇場版 サンダーバード55/GOGO』

10位『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 ©2021 CTMG. © & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

公開6週目の『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は先週7位から10位に。

興行成績は累計で、観客動員129万人、興行収入18億円を突破しました。

続編はトム・ハーディが引き続き主演を務め、奇妙な共同生活をおくるエディとヴェノムが、最凶の敵カーネイジと激闘を繰り広げる様子を描きます。監督を務めるのは、アンディ・サーキス。

9位『日本語劇場版 サンダーバード55/GOGO』

『日本語劇場版 サンダーバード55/GOGO』 Thunderbirds TM and © ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.

『日本語劇場版 サンダーバード55/GOGO』が初登場9位にランクインです。

1965年にイギリスで、日本では1966年に放送が開始され、絶大な人気を博した伝説的特撮人形劇『サンダーバード』。

本国イギリスの熱狂的なファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを、日本の特撮を牽引する樋口真嗣氏が構成、1本化した日本語劇場版です。

声の出演は満島ひかり、井上和彦、大塚芳忠ほか。

8位『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』 ©2021 J Storm Inc.

公開7週目の『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』は先週9位から8位に順位を上げました。

本作は、2018年から19年にかけて行われた、嵐20周年ツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』の最中に撮影を敢行した嵐“初”のライブ・フィルム映像です。

2019年12月23日に東京ドームでドローンを含む125台のカメラで撮影されました。監督を務めたのは堤幸彦。

7位『マトリックス レザレクションズ』

『マトリックス レザレクションズ』 ©2021 WARNER BROS. ALL RIGHTS RESERVED

公開4週目の『マトリックス レザレクションズ』は先週3位から7位に。

本作は、ラナ・ウォシャウスキーがメガホンをとり、キアヌ・リーブスをはじめ、キャリー=アン・モス、ジェイダ・ピンケット・スミスらが続投し、ネオとトリニティーの新たな物語を描くシリーズ18年ぶりの新作です。

6位『キングスマン:ファースト・エージェント』

『キングスマン:ファースト・エージェント』 ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

公開3週目の『キングスマン:ファースト・エージェント』は先週4位から6位に。

マシュー・ボーン監督が引き続き監督を務め、世界最強のスパイ組織の誕生秘話を描きます。出演はレイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソン、リス・エヴァンスほか。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます