撮影/小嶋文子

1月14日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて、広瀬アリス主演のドラマ『失恋めし』(全10話)が配信される。

広瀬演じるイラストレーターのキミマルミキが、フリーペーパーに連載中の漫画のネタとなる“失恋”とそれを癒す“美味しい料理”を探す物語。

毎話、ちょっと切ない失恋のエピソードと、サバの味噌煮、串焼き、大学芋、カニクリームコロッケ等の実在するお店で出されている料理が紹介され、観ているだけでなんだかほっこりとした気持ちになる。

そんな本作について、広瀬アリスと、ミキが好意を抱く花屋のアルバイトの“青年”を演じた井之脇海にインタビュー。独特の雰囲気を醸すこの物語がどのように作られていったのか、大九明子監督とのエピソードや、それぞれの失恋立ち直り法なども教えてもらいながら話を聞いた。

フォトギャラリー【広瀬アリス×井之脇海】ドラマ『失恋めし』インタビュー&場面写真をさらに見る

「今回は何を食べられるのかな?」と、期待しながら台本を読んでいました

撮影/小嶋文子

――お2人は撮影前に楽しみにしていたことはありますか?

広瀬:やっぱりご飯は楽しみでした。「今回は何を食べられるのかな?」と、期待しながら台本を読んでいました。特に焼き小籠包はもともと好きだったので楽しみでした。実際にすごく美味しかったです。

井之脇:あれは美味しかったですよね。

広瀬:お腹いっぱい食べて、さらにお持ち帰りもしました(笑)。あとは1話で出て来たサバの味噌煮は衝撃的でした。

見た目が真っ黒でちょっと驚いたんですけど、味は濃すぎず、美味しくて、その日のお昼ご飯にしちゃいました。クランクインの日だったんですけど初日から完食でした(笑)。

撮影/小嶋文子

井之脇:僕も最初にこのお話をいただいたときは、「何が食べられるんだろう?」と楽しみにしていたんですけど、僕の役柄が花屋の青年ってことで食べるシーンはほとんどなくて。台本を読んでいてちょっと悲しくなりました(笑)。

広瀬:あははは(笑)。

井之脇:でも、実際にあるお花屋さんを撮影場所に使っていて、そこが事前にちょっと変わっていると聞いていたので、「どんなお花があるんだろう?」と楽しみにしていました。現場に行くと、本当に今まで見たことのないようなお花がいっぱいあって新鮮でした。

――普段から花に興味があるのですか?

井之脇:僕自身はそこまで興味があったわけではないんですけど、母がお花が好きで家にはいつも飾ってありました。

僕はよくわかってなかったんですけど、これからは実家に帰ったとき少しはわかるようになったかな、と。いい機会になったと思います。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます