「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」 麻布台ヒルズ, 東京 ©チームラボ

さまざまな旅情報を取り扱っている旅行情報誌『じゃらん』が、「2024年旅トレンド」と題し、2024年に注目したい「旅のトレンド」とその事例を発表しました!

年々変化し、進化する旅のトレンド。2024年に注目したいのは「イマーシブ(没入)体験」と「ナイトタイムエコノミー」なのだそう。

まだまだ認知度の低い2つのワード。「それってどういう意味?」「どんな旅ができるの?」それぞれおすすめのスポットを交えてご紹介します。

フォトギャラリー【全ての写真】絶景!おすすめスポット画像ギャラリーはこちら
  • 2024さっぽろ雪まつり(第74回)
  • TORANOMON LIGHT ART
  • イマーシブ・フォート東京
  • 浜田の夜神楽 市職 大蛇
  • 西武園ゆうえんち「没入型ドラマティック・レストラン~豪華列車はミステリーを乗せて~」

1:「イマーシブ(没入)体験」ができるスポットが続々オープン!

「イマーシブ(没入)体験」とは、その世界観に入り込んだような体験ができる没入型コンテンツのこと。

5年ほど前から登場し話題となりましたが、ここ 1~2年でさらに体験スポットや内容の幅が進化しています。

・イマーシブ・フォート東京(東京)

イマーシブ・フォート東京

2024年春、東京・お台場に開業予定の「イマーシブ・フォート東京」。

完全屋内型のテーマパークで、物語に入り込む感覚が味わる「イマーシブシアター」を中心に、さまざまなアトラクションが楽しめるスポットです。

ショップやレストランも充実しており、バリエーション豊かなコンテンツで、1日中イマーシブ体験に浸ることができるスポットとして注目されています。

・西武園ゆうえんち「没入型ドラマティック・レストラン~豪華列車はミステリーを乗せて~」(埼玉)

埼玉の「西武園ゆうえんち」では、食堂車レストランで食事をしながら、その場で繰り広げられる演劇に参加する「没入型ドラマティック・レストラン~豪華列車はミステリーを乗せて~」が開催されています。

車窓を流れる景色や社内の照明、音響、さまざまな特殊効果などの演出で、五感をフルに使い、登場人物と一緒に行動・会話をしながら、90分間の濃密な没入体験をすることができます。

・「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」(東京)

数々のアートやデジタルコンテンツを手掛ける「チームラボ」が、2024年2月上旬、東京・麻布台ヒルズに「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」をオープン。

新たなアートプロジェクト「認知上の存在」をテーマにした作品や日本未公開作品も多数加わり、さらに進化した身体ごと没入できるアートが展開されます。

ゼリー状やシャボン玉状の光の塊が出現するなど、これまでにない不思議で新しい世界観が体感できます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます