宮澤佐江

ある、ある! そう、そう、そう!!

こんな話をしていたら、また小豆島に行きたくなっちゃった! ご夫妻にLINEしてみようかな? 「次、いつ帰省するの?」って(笑)。一緒に行かせてもらえるんだったら、行きたいなぁ。

--思い立ってすぐに行きやすいのが、国内のいいところですね。海外だと、なかなかそうはいきませんから。

そうですよね。

小豆島なら、お休みが短くても車さえあれば、1日で島を回れちゃったりするのがいいなと思うんです。2泊3日とか、短期間のお休みで“ちょっと都会から離れたいな”っていうときには、すごくいい場所だなと思いました。

宿泊施設もペンションやホテルがあるし。フォトブックを撮影したときは、ホテルに泊まらせてもらって。目の前にエンジェルロードが見えたんです。

--いいですねぇ。そういえばいつだったか、「エンジェルロードに手紙が流れ着いた」というニュースがありましたよね。

そう、そう、そう! エンジェルロードで「手紙の入ったタイムカプセル」が見つかったんです。

それこそ、『ラブレター』のドラマを見てタイムカプセルを埋めて、それが10年ぶりに出てきたそうなんです。でも、タイムカプセルを埋めた持ち主がわからなくて。

地元の観光協会の方が、持ち主をさがすためにツイートをしていたんです。だから私も、手紙を書いたご本人が見つかりますようにって、リツイートしましたもん。素敵なお話だなぁと思って。

--ロマンティックですね。こうお話していると、身近な島があるのって、とってもいいですね。

そうですね。自分にも、そういう場所ができてすごく嬉しいです。

--瀬戸内海沿いなので、海が温暖で海の幸が豊富で、もしかしたらダイビングポイントもあるかもしれませんよ。

あるのかなぁ。今度は海の幸を食べに行きたいな。もぉ、すぐにLINEしよう! ご夫妻に。あははは(笑)

--季節を変えて行くのもいいですね。例えば、冬の静かな雰囲気も良さそうですね、静けさを楽しみに。

そうかもしれません! 私も次は、冬に行きたいかも。

--観光だけではわからない、島の人の暮らしがわかるかもしれませんね。

でも、寒そうだなあ。

--四国とか瀬戸内というと、温暖なイメージもありますね。

そうですよね。

あぁ、でも、こんなにたくさん小豆島のことを話せてよかった。

--行ったことはなくても、島を身近に感じることができました。

楽しい時間をいつも一緒に過ごさせてもらって、一緒に行ってくださるご夫妻には、本当に感謝しています! 思い出いっぱい、作ってます。

--また別の機会に、佐江ちゃんの撮った旅先の写真でお話できたら嬉しいです。それでは今回も最後になりましたが、たくさんのお話ありがとうございました! 次回もよろしくお願いします。

ありがとうございました!

次回の更新は、3週間後の8/14(金)予定です。

撮影:山田大輔 スタイリング: 藤井エヴィ ヘア&メイク:伊藤遥香

1990年8月13日生まれ。東京都出身。O型。AKB48のメンバーとして活躍。2016年4月1日に旧チームK特別記念公演でグループを卒業。『王家の紋章』、ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』、『TOKYO TRIBE』、ユーミン×帝劇vol.3『朝陽の中で微笑んで』、地球ゴージャス プロデュース公演 Vol.15『ZEROTOPIA』、『ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2』などに出演。連載から生まれた書籍「これさえあれば。」が発売中。Official

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー