TOHOシネマズ 立川立飛TOHOシネマズ 立川立飛

9月10日(木)にオープンするTOHOシネマズ 立川立飛の内覧会が開催された。

同映画館は、多摩モノレール立飛駅直結の「ららぽーと立川立飛」(東京都立川市)近接地に出店される。

大型ショッピングモールと道路を挟んで向かいの独立した建物に位置し、9スクリーン、全1605席で、立川エリアとして初の「イマーシブ・サウンド・システム」対応のIMAXシアター、7月にオープンしたTOHOシネマズ 池袋で導入され好評を博した「轟音シアター」、そして、TOHOシネマズ独自規格の「プレミアムシアター」を擁するシネマコンプレックスだ。

スクリーンへの入場口にはほかのTOHOシネマズ同様に検温検査機を設置スクリーンへの入場口にはほかのTOHOシネマズ同様に検温検査機を設置

日比谷や池袋に続き、極上の音響体験を追求するべく高スペックの音響システムを導入しているが、さらに立川立飛独自の試みとして、音響監修をLOVE PSYCHEDELICOのNAOKI氏に依頼。

レコーディングの世界で培われたイコライジングの技法とスピーカーチューニングのセンスを劇場音響に持ち込み、各スピーカーの音のディレイ(遅延)を徹底的に排除し、全ての音が自然でピタリと聞こえるように調整を施したという。

ゆったりとした空間の劇場ロビーゆったりとした空間の劇場ロビー

さらに、日本の映画館としては初めて、ロビーの飲食売店にドリンクバーを導入し、鑑賞体験の品質と快適さをともに追求している。

ドリンクバーはワンカップ400円で、コールド飲料、ホット飲料ともに用意されており、もちろん何杯でも飲み放題だ。

利用するには、ドリンクバー隣の売店で料金を支払い、カップを受け取り、あとは各自で好きな飲み物を注ぐだけ。

ロビーでの待ち時間に一杯、鑑賞中にもう一杯、さらに鑑賞後に注ぎ直して飲みながら帰宅することもできる。一日に複数本鑑賞する際にも心強いサービスだろう。

日本の映画館初のドリンクバー日本の映画館初のドリンクバー

売店だけでなく、劇場ハード面もこだわり抜かれている。

1番シアターは、立川エリアとしては初となる「イマ―シブ・サウンド・システム」対応のIMAXシアター(290席)。眼前いっぱいに広がる大スクリーンと、包み込まれるような音響で抜群の没入感を提供する。

5番シアターには、7月にオープンしたTOHOシネマズ池袋に続き、アイソバリック方式のサブウーハーを採用した「轟音シアター」を導入(154席)。

TOHOシネマズ 池袋に続き、「轟音シアター」を導入TOHOシネマズ 池袋に続き、「轟音シアター」を導入

むき出しに置かれた巨大サブウーハーは、スピーカーユニットを向かい合わせで駆動させ、通常のサブウーハーの1.5倍から2倍のパワーを出す。

劇場全体の空気を振動させ、全身で音を浴びるような体験を提供してくれる。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます