もさを。もさを。

YOASOBIや瑛人といったアーティストに続き、ネットでの動画投稿から広がりを見せはじめた若手シンガーの根底にある想いを聞くリレーインタビュー。

今回登場するもさを。は、新型コロナウイルスの状況下で、当たり前に会えていた人と会えなくなってしまった心境を歌った「ぎゅっと。」のショート動画を投稿した。

その後、同曲が配信リリースされるとLINE MUSICで1位を獲得。米津玄師の全作サブスク解禁時にもSpotifyのバイラルトップ50(日本)において米津がランキングを埋め尽くす中、2位をキープするなど大きな爪痕を残し、話題を呼んだ。

TikTok発のひらがな3文字系シンガーとして朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)でも取り上げられた彼は、これからどのようなシンガーに成長したいと感じているのか、そして楽曲に込めた思いとは。

運命を変えたひとつのショートムービー

発端となったのは今年2月に始めたTikTok。そこから1ヶ月足らずでオリジナル曲「ぎゅっと。」を投稿するやいなや、20万以上の「いいね」が寄せられ「歌手になってほしい」というコメントも相次ぎ、配信をスタートさせるとサブスクチャートでは1位を獲得。

TikTokでカップルが撮影したショート動画にも使用され、同曲は大きな広がりを見せた。自身ではこの反響をどのように受け止めているのか。

「友達が投稿していたのを見て、自分も投稿したいと思うようになってTikTokを始めてすぐに『ぎゅっと。』のサビだけの動画を投稿したんですけど、ここまで反響があるとは思ってなかったので、正直ビックリしています。

そこからチャートでも1位になって『a-nation online 2020』(エイベックスが主催する国内最大級のオンラインフェス)にも呼んでいただいたんですけど、まだ実感が無くて。慣れないですね。とにかく緊張しました。

でも、カップル動画や歌詞動画などに使われて僕の作る曲が広まっていったことも、僕のオリジナルが周りの評価を得たことも、ただただ嬉しいです」

注目されたのは共感できる女性目線の歌詞

投稿頻度は週に2〜3回程で、どのように投稿するかなどは事前に考えずに思うがまま投稿を続けているという。そんな彼がここまで注目されるようになった秘訣は、どうやら歌詞にありそうだ。

ネット発から生まれるシンガーの傾向として、ヨルシカをはじめ近年、顔出ししないアーティストは多い。そこには歌詞に注目してほしいという理由もあるようで、もさを。もまさにその一人。

「歌詞は女性目線の歌詞にこだわって書いています。『ぎゅっと。』の歌詞では、“わたし” と“あたし”って表現をあえて変えているんですけど、“あたし”は彼への想いを歌っていて、“わたし”が自分の中の気持ちを歌っているんです。

《あなたの大きな身体でぎゅっと。》というサビの歌詞で使っている“身体”って言葉も“身も心も”という意味が込められているので、歌詞は自分の魅力のひとつなのかな。『きらきら』も片思いの女性の気持ちを想像して歌っています。女性にとって恋って宝石みたいにきらきらしたものなのかなって」

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます