『泣く子はいねぇが』
フォトギャラリー『泣く子はいねぇが』の場面写真をもっと見る
  • 『泣く子はいねぇが』
  • 『泣く子はいねぇが』
  • 『泣く子はいねぇが』
  • 『泣く子はいねぇが』
  • 『泣く子はいねぇが』

第68回サン・セバスティアン国際映画祭で最優秀撮影賞を受賞した、仲野太賀主演映画『泣く子はいねぇが』が、11月20日(金)より全国公開される。この度、本作の予告映像が公開された。

サン・セバスティアン国際映画祭に続き、シカゴ国際映画祭や東京フィルメックスのコンペティションへの正式出品も決まっている本作は、監督・脚本・編集の佐藤快磨が、秋田県・男鹿半島の伝統文化男鹿のナマハゲから、“父親としての責任”、“人としての道徳”というテーマを見出した完全オリジナル作品。

親になることからも、大人になることからも逃げてしまった主人公が、過去の過ちと向き合い、不器用ながらも青年から大人へ成長する姿を描く。

仲野が演じるのは、大人として、そして父親としての自覚も曖昧な主人公たすく。そして妻ことね役の吉岡里帆、親友の志波役の寛一郎に加え、山中崇、余貴美子、柳葉敏郎といった俳優が集結した。

予告で映し出されるのは、子供が生まれてもなお父親の自覚がないたすくの姿。

育児に疲れ果てた妻のことねから「なーんにも考えてないでしょ」と突き放され、返す言葉もない。男鹿の伝統行事「ナマハゲ」で大失態を犯し、家族を置いて逃げるように上京したもののそこにも居場所はなく、失ったものを取り戻したい一心で2年ぶりに帰省する。

しかし周囲の目は冷たく、兄・悠馬には「帰ってきてみただけなんだべ、許してもらえるかもって」と浅はかな気持ちを見透かされる始末。

さらに、再会したことねからは「再婚する」と告げられる。それでもことねの力になりたいと食い下がるたすくだが、「じゃあ払える?養育費とか、慰謝料とか」と現実を冷酷に突きつけられるのだった。

大人にも父親にもなりきれない未熟な自分を痛感しながらも、なかなか変わることができないもどかしさ。そんなたすくが絞り出すように呟いた「俺が父親だよ」という決意の言葉。

そして、たすく演じる仲野渾身の「泣く子はいねぇが!」という熱い叫びが切り取られた。

この予告を盛り上げるのは、詩的な言葉と世界各地のルーツミュージックを吸収した音楽性で唯一無二の存在感を放つシンガーソングライター、折坂悠太が本作のために書き下ろした主題歌『春』。

本作へ起用されたきっかけは、撮影中に、主演の仲野から折坂の楽曲が本作の世界観にぴったりだという提案から始まったという。

プロデューサーや監督は折坂の作品に強く惹かれ、主題歌だけでなく劇伴も依頼。交渉の末、今回初めて折坂が映画主題歌、そして劇中に流れる楽曲全般も手がけることとなった。

折坂は、「どうだろう。男鹿の土の中で眠る種や幼虫は、芽吹き、這い出す自らの行く末を考えるか。ただ今を、今だと思い、うごめき、もだえているのではないだろうか。この映画は土の中を映す。芽吹く希望を今は知らない、あいつと私。それを映す。エンドロールの先に来る季節を想いながら、音を添えさせてもらいました。是非ご覧ください」と、本作についてコメントを寄せている。

『泣く子はいねぇが』
11月20日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます