“Slash with a Knife”, 1998 ©Yoshitomo Nara Photo by Keizo KIOKU
フォトギャラリー「-Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション」の展示作品を見る
  • “I’m Swaying in the Air”, 1995
  • “悟空”, 1987
  • “If Your Hits All Miss”, 2000
  • “悲しみの炎・波の泉 I”, 1989
  • 川内理香子, “Forest of the night”, 2019

寺田倉庫株式会社が運営する現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT」にて、 2020年12月12日(土)から2021年5月30日(日)まで「-Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション」展が開催される。

「WHAT」とは、12月12日(土)に天王洲にて新たにオープンする芸術文化発信施設。寺田倉庫がコレクターから預かり、保管している貴重なアート資産を公開することにより、その価値と魅力を広く開花させることを目的としている。

オープニング展覧会「-Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション」展では、精神科医で現代アートコレクターの高橋龍太郎と、実業家で投資家のA氏によるコレクションを公開。

会田誠, “ちび (「ランチボックス・ペインティング」シリーズ)”, 2016 ©AIDA Makoto Courtesy of Mizuma Art Gallery Photo by 宮島径

高橋のコレクションでは"描き初め”をテーマに、会田誠、川内理香子、大山エンリコイサムら18名の作家による作品を紹介する。A氏のコレクションでは、2000年前後の奈良美智作品を中心に公開。

全19名の作家による新作、未公開作品を含む約70点のコレクションに焦点を当て、 現代アートの魅力に迫る。なお、開催中はさまざまなイベントも実施予定。詳細は公式ホームページにて随時発表されるとのことだ。

【開催概要】
「Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション展」
開催期間:2020年12月12日(土)〜2021年5月30日(日)
会場:WHAT展示室1階、 2階
開館時間:火~日(最終入場18時)/月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
「ぴあWEB」更新情報が受け取れます